Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51z37w6gykl

昭和35年、13歳の少年は「両親から逃げたくて」愛犬シロを連れて家出した。以来、彼はたったひとりで、足尾鉱山の洞窟、富士の樹海などの山野で暮らしヘビやネズ... 続き

コメント

読みたい本。
新聞のテレビ欄で見つけたドラマ。リリーさんが出ていて気になりすぎて。でもうちはBS見れず、検索!ものすごい経歴のオジさん。

読者

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c

文芸

鷲は舞い降りた

鷲は舞い降りた

40dd21d7 0618 4b4b 9f23 41dec83de311

Susumu Hikita

コーヒーと公園

文句なしに面白い!とはこの小説のことだろう。 第二次世界大戦中のドイツ軍落下傘部隊による英国本土でのチャーチル誘拐、という暴挙とも言える作戦に、 作戦を指揮するドイツ軍将校も落下傘部隊の歴戦の勇士も諦観の域で死に場所を求めるかのように、士気高く遂行していく。 抗いきれない立場であろうとも、自分の意思に信念を持って行動することこそが人間の最も優れた価値であることを極上に面白い娯楽小説の形で明朗に伝える。 なんといっても魅力あふれる登場人物の面々。男も女も皆とにかくヒロイックで、自分の思っていることを闊達にシニカルに語る。そして例え獄中であっても決して信念を曲げない。 また航空機、船艇、小火器などの武装から服装や酒、タバコの銘柄までディテールにこだわることでリアリティを演出することに一役買っているが、描写がくどくどしくないのでスピード感に影響させない(もはや馴染みのない機種名や銘柄が登場しても、Google画像検索が楽しみを後押ししてくれる)。 なかでもカバーアートにも描かれているダグラスDC-3がなんといっても印象的。 夢中で読んで「あ!面白かった!」と声に出るほど感嘆した。

1日前

Icon user placeholderE4a13cfe a893 43e5 8d4d f62132e54b736bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7b
ランチ酒

ランチ酒

Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269

M.A

TOKYO /

今読んだのは間違いだったなあと感じた日曜のお昼時。 美味しいご飯に美味しいお酒。 最高じゃないか。

1日前

その日のまえに

その日のまえに

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

「死」と関連する連作集という感じでしたので。悲しい話が続くのかと思っていたのですが。登場人物は、以外に逞しかったりします。悲しみは、激しいばかりでなく、静かに深いものでもありました。それは、残された人々にも当てはまり。「死」と正面から関わった人の人生にも深く染み込んでいくものでした。 ただ悲しい話だけではない事に、ウルウルと涙が滲んできてしまいました。

2日前