51 apax xvl

『ダンダン』-俺はダンダンから薬をもらおうと、農場まで出かけた。しかしダンダンは、銃で知り合いを撃ってしまったという。ブレーキの効かない車で、死にかけた男... 続き

コメント

アメリカの短編小説を語る時に外せない一冊、と言われているのに未読でありました。ジミ・ヘンドリックスを聞いて文章を書こうと思ったとか、その辺の発想からして凡人とは違う...。タイトルはルー・リードの「ヘロイン」の一節からとったそうで、基本的に同じと思われる主人公が語るヤク中、アル中の話。最後に立ち直りつつあることが暗示されているものの基本的には悲惨な話の連続が、詩のような文章で綴られており凄いことは分かりますが、これは読む人を選ぶなぁ、と。

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Icon user placeholder9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 5人

デニス・ジョンソンの本

煙の樹

煙の樹

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

ベトナム戦争の泥沼を、米軍情報局員の秘密作戦を中心に、ベトナム側の協力者や本国の家族も交えて描く。グレアム・グリーン「おとなしいアメリカ人」の路線を継ぐ大作でした。

約3年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2419fa90857 1dfb 4b0c 84ab 964bc96d3e12868e83c9 1344 4019 a5b9 da8680443f8f