51iirkhzy0l

世界史の視野から、精緻に日本を解析した『中国化する日本』で大きな反響を呼んだ筆者。一躍、これからを期待される論客となりましたが、その矢先に休職、ついには大... 続き

コメント

著者のうつ体験を交えながら、トランプ政権誕生からSMAPまで幅広く考察した一冊。既存の社会に「いかに適用するか」ではなく、「いかに疑うか」という強いメッセージが込められております。平成が終わるこのタイミングで、志ある多くの若者に読んで頂きたいです^_^

読者

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794B3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e382f9d7b d9e5 4bf2 9d08 de1a1369bb34E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e 4人

與那覇潤の本

「日本史」の終わり

「日本史」の終わり

01c48291 800f 46f1 b689 c087c8cb7020

もりもと

日々平穏

いやあ、刺激的な本でした! この国のかたちをこんなにクリアーに示されたものを読んだのは初めてかも。 日本は明治維新で近代化などしなかった。その根幹は江戸時代の延長でしかない。であるが故に制度疲労が顕在化して…とかなんとかで、なるほどと。

約3年前