41ocgr1b 6l

バージョンアップせよ、これが左派の最新型だ! 日本のリベラル・左派の躓きの石は、「経済」という下部構造の忘却にあった! アイデンティティ政治を超えて... 続き

コメント

北田 「左派が経済的下部構造を軽視するあまり、人びとを「リベラルな価値」から遠ざけてしまった。というのは、いま世界中で起きている出来事ですよね。だから左派は就職のことを心配して自民党に投票した学生に対してお説教をしている場合ではない。」
ブレディ 「そういう「ご飯を食べたい」という民衆の本当に普通の願いを、当たり前の願いを拒否したり侮蔑したりしていて、左派は信頼を得られない。」P.216

教条主義では取り残される。

読者

4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dcPicture0a59e98b 99ca 4c4d 9593 34578963c960Icon user placeholder 4人

ブレイディみかこの本

人口減少社会の未来学

人口減少社会の未来学

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372

michi

積読が多すぎますm(_ _)m

内田樹氏の呼びかけで10人の論客がさまざまに論じた人口減少社会の未来について。ヨーロッパの「反緊縮」潮流に関する論考、AIがもたらす変化へ国民は何にプライオリティを置くべきか、精緻な統計分析による思い込みの払拭、一次生産者たちとの密な関わりなど、どれも密度が高く面白いです。

約1か月前

5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16Icon user placeholderC2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75
子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から

子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

英国ブライトンの託児所で働きながら本を出すブレイディみかこさんの新作。その職場となっている託児所についての文章がまとめられてます。失業支援センターの中の託児所で、集まる子どもは非常にヘビーな家庭ばかりですが、たまに明るくなるような場面もあり。またブロークン・ブリテンと呼ばれる英国社会政策の問題と難しさについても考えさせられる本です。

1年前

Fc170486 911c 47d7 bf4b c0772e217dbbDd9d9983 7e58 4c31 acd6 08a034476b36C3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af912