51m8ebe0tvl

コメント

物語の最初で、主人公の少年が通う小学校に外国から先生がやってきます。先生は主人公の家のお寿司屋さんに行くことになり、主人公のお父さんとカウンターで喋りつつお寿司を堪能したあと、お店ののれんに書いてある江戸前すしの文字を発見し「大阪のすしが食べたい」と言い出します。主人公たちはまず大阪ずしとは何なのかを調べ、大阪ずしは押し寿司であるいうことを知り、まわりの大人達の力を借りて先生に大阪ずし、押し寿司を食べてもらえるよう奮闘するという児童小説。社会科プラス家庭科的な小説です。主人公のお父さんが寿司職人なのに主人公に押し寿司のことをなかなか教えない理由が物語の隠し味になっています。絵も好きな本です。

読者

Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 3人

文学

「信濃の国」殺人事件:

「信濃の国」殺人事件:

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

完璧にタイトル買い。手口の似た殺人。共通点は県歌信濃の国にあった。信濃のコロンボ、2時間ドラマが私の手の中にという感慨。ただ、不当逮捕される中嶋記者とその奥さんにはあんまり共感できず。長野県人という単語に違和感があったのですが、世代かしら。S大生だけか。

約3時間前

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた

4ac7dafc 60ec 4fd9 97c4 f69d379c86a9

石原

フラフラと多ジャンル読み漁ってま…

「その可能性はすでに考えた。」 なんとも言えない世界観に惹き込まれて、ゆったりと読もうと思っていたのですが1時間ほどで読んでしまいました。 複雑なトリック、ラストの意外性。 読みおとしの無いように」。

約7時間前

Icon user placeholderD7f1f6a3 6e9f 4467 a349 c42e756266150ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7
サラバ! 下

サラバ! 下

Icon user placeholder

めがねくん

フォローしているアカウントを見る…

こんなに年をとってしまった今更になって、何か大事なメッセージを受け取ってしまった感じ❗ なんてこった。

1日前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 57