51zncvkhiel

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリ... 続き

コメント

子供を殺した未成年の犯人が弁護士になる事はありえるのか?事実ならそれはそれで怖い。サスペンスを軸にした法廷劇は、見応えがあるが「御子柴」がどんな生き方をしても私は許せない。御子柴は、自分の人生で償う、許される事は無いとしても。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

中山七里の本

贖罪の奏鳴曲

贖罪の奏鳴曲

66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d

はらやん

東京都の小学校の教員です

御子柴シリーズ第一弾。クライマックスのどんでん返しからのどんでん返しからのどんでん返しがすごい!!すぐに続編を手に取った。

約1か月前

9031ed1f 4239 484f 8c8f a2d28f3756670d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 9
能面検事

能面検事

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

徹底した一匹狼の検事と新米事務官のコンビ。 題名が「能面検事」とは、キャラが題名だ。 自分が撃たれた時ですら、表情を変える事がなかった彼が、ただ一度、言葉を荒げる。 犯人が罪の認識の薄さを語った時だ。

3か月前

Bf67ba68 dfa3 430d 87c1 79ba16d7559eB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0