512jiumwtql

コメント

アフリカ生まれのか弱き生き物が生きながらえてきた歴史を紐解くと、人間を人間たらしめた理由があった。

二足歩行は妻子のためだった
かつて一万人以下になり絶滅寸前までいっていた
強いネアンデルタールではなく、弱いホモ・サピエンスが残った理由
零下50度の極寒を克服するするための(衣服以外の)画期的な道具とは?

わかってきた事実から、われわれが大切にしていきたいことがわかる歴史書。

読者

D7f590d4 828c 4ec8 ad08 c77e62b7d2af7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

科学

稲と米の民族誌 アジアの稲作景観を歩く

稲と米の民族誌 アジアの稲作景観を歩く

24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739

まるさん

15万人施術した 背骨とお話しす…

アジア各国の稲作文化に触れる歴訪の旅。 イネ科の植物を主食にする民族はたくさんいるけれど、みな米や雑穀など様々だし、日本では美味しいとされる米があちらではお粥にしかならないと敬遠されたりと、文化の違いがわかる。 栽培の仕方も、水耕栽培だけでなく、その地域でいろいろあって、品質を一定にするために日本の農家はかなり努力しているんだと思います。 その結果、タネを同じ品種で自家受粉することが必要で、でも生物学的には雑種にした方が生育が良いなど、矛盾もあったり、遺伝子はタネにしかないから、株分けした植物には遺伝情報がないなど、面白い農業の知識に触れることができました。

1日前