517z1kghfql

古書、骨董、印刷業が密集し、現代を拒むように存在する街、塵保町──。ある猟奇小説を執筆したきりその界隈から姿をくらまし、この街の古書店「悪童文庫」に座る小... 続き

コメント

ぐぐっと引き込まれる絵のタッチがたまりません。
人間がひた隠しにしている部分を引きずり出す作品。1度読んでいただきたいです。

読者

Ef8e48c0 a3a7 46eb a521 b65c59d71e83

コミック

ふしぎの国のバード 5巻

ふしぎの国のバード 5巻

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

バードさん、史実だと作画よりお年を召してから日本に来ているみたいですよね。原作まだ読めてないんですけど。 イトが遂に言ってしまいましたね。イトはバードさんが大事なのになんとなく空回りだなぁ… バードさんの過去話、というより10代のバードさん、ちょっと生意気な顔が好みでした。 キラウエア山行ってみたくなった!!

4日前