513r3bj6kjl

古代ローマ、あるいはルネサンス。先進的な文明、そして数々の芸術作品を生んだエネルギッシュな時代には、いつも知的好奇心あふれる熱き男たちがいた――。ハドリア... 続き

コメント

テルマエロマエ、大好きな漫画です。男性論でありながら、日本論でもあります。自分自身で時間をかけて、オリジナルの辞書を作り上げていく。そしてその辞書を持って、外に飛び出してみる。場所としての外というだけではなく、想像力を駆使して自分の世界の「外」に出てみること。痛快さが良い。

テルマエロマエで有名なヤマザキマリさんの本。

イタリア、ローマの歴史、文化、偉人、そしてご自身の経験から、日本人に足りないところ、男性の魅力について書かれています。

所々グサリとくる指摘がありますが、喜劇のように書かれているため、ニヤニヤしながら楽しく読めました。

ワキワキ、メキメキ、頑張るぞ!

自分の鏡を持とう!

読者

46180684 68a3 4ac7 9a96 28c49e42800dIcon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholderIcon user placeholder08046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a5864e789 fbd8 427b 9106 ef65cd3f6e99C45c5aa1 18f1 465a a26e 21879eebd50a 11人

ヤマザキ・マリの本

テルマエ・ロマエI

テルマエ・ロマエI

2f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af6

Sue

本と絵が好き。

気になってたので遂に読みました。タイムスリップして日本のお風呂に来てしまうも、ルシウスの適応能力が毎回すごい。面白かったです。

1年前