51v6vdhwiyl

100万人を超えた日本で働く外国人。単純労働を実質的に担う技能実習生・留学生等の受入れ拡大が「移民政策をとらない」とする政府のもと進められている。国内外の... 続き

コメント

今、日本ではとてつもない勢いで外国人労働者が増えている。彼らの祖国の貧困に漬け込み加熱する日本語学校ビジネスや入国管理の不整備などが絡み合い、彼らの人権を軽視した安易な受け入れが続いている。

また、与野党経済界は、外国人を積極的に受け入れるべきだと明言している。その理由は、外国人を安価な「労働力」として期待をしているからである。しかし、そこには彼らを、日本で暮らす「生活者」としての視点が著しく欠けていた。

西日本新聞の記者が明らかにした外国人受け入れの闇。を広くそして深く調査している。現在、そしてこれからの日本を真剣に考える一つの視点として持っておきたい。

読者

86f24592 7582 47c2 a40d 4e168633c391

西日本新聞社の本