61fcymv nul

コメント

宇喜多秀家が八丈島に送られるまでの生涯を描いている。
父直家とは異なる道を選びはしたものの、願う所は同じだった。優しい男は、強い男であったのだと思いたい。
だからこそ「豪姫」は愛し続け、前田家は支援し続けたのだろう。ガツガツと戦うばかりが男ではなかろうて。

読者

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

木下昌輝の本

絵金、闇を塗る

絵金、闇を塗る

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

この異様な人物が実在の人物だったとは…… 絵金の生涯ではなく、絵金の絵に噛みつかれた人達の話です。 血飛沫を描いた残酷絵で、いったい天才絵師は何を私達に伝えようとしたのか。 「後世に残るのは作品ではなく、絵を見た人の心に残る」のだそうです。 暗闇と蝋燭に映し出されて、本物の絵になるという不思議な作品。現在、お祭りもやっているそうなので見に行きたいです。

4日前

宇喜多の捨て嫁

宇喜多の捨て嫁

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

高校生直木賞受賞作って帯に誘われ購入する。 高校生が選んだ割には、なかなかの歴史小説。 梟雄とは‥と考えさせられるが、魅力的な生き方‥

約1年前

59b3f1b9 6557 41b8 9680 348665aad61aFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c0025c755eaf cf3e 4147 96b0 3275ef16bef3