519d8htac4l

ツイッターで1.2億PV超え!! webで話題の動物マンガがついに書籍化! 自分の鼻歌で寝てしまったり、出来の悪い剥製ごっこをしたり、アライグマのかわい... 続き

コメント

ツイッターで出会った愛嬌のある二匹が、本になると知って嬉しかった!本になってくれてありがとう!
ツイッターにはない書き下ろしがたっぷりと聞いていましたが、本当にたっぷりでうれしい限り。彼らのファンなら買うべきです。四季ごとにまとめられていて、二匹の穏やかで愉快な日常が詰まっています。お気に入りのクリスマスネタも入っていたし。
春は、34、35ページ、夏は、56、58、73ページ、秋は、81、93、94、95、96、105ページ、冬は、129、136、137、140ページが好きです。

読者

E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed46c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bB801fb69 8df2 47de af65 b9071c9a848238aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e 6人

コミック

ライク ア ローリング ストーン

ライク ア ローリング ストーン

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8

takeharu

主に漫画についての記録を投稿しま…

1969年にCOMで連載されていた本作、約50年の時をえて単行本に。ずっと単行本に、という話を退けてきたけれど、ボブディランのノーベル平和賞受賞がきっかけで発刊にいたったらしい(タイトルはボブディランの名曲のまま)。 私小説ならぬ、私マンガの原点とも言われている本書、当時23歳だった著者のほぼ実体験が描かれている。政治の季節の熱っぽい空気感がブワッと躍動的に伝わってくる。 ハードボイルド、学生運動、抜き差しならない生 っぽい恋愛など、著書イメージがモロにあらわれていて凄く楽しめた。 今の大学生くらいの若者達は、この空気感をどう受け止めるんだろう。気になる。 ちなみに、はっぴいえんどの風街ロマンのジャケットを手掛けているのも宮谷一彦です。

2日前