518jghmgral

60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにある。 続き

コメント

特定の知識は「急速に古ぼけてゆく事実」
重要なのは、ある特定のアイデアをどこから探してくるかということではなく、アイデアが作り出される方法に諸君の心を訓練する方であり、すべてのアイデアの源泉にある原理を掴み取ることなのである。
------------------------
単純明解で、難しい。

就活中、リクルーターの方に薦められて買った本。ずっと持っていて、ときどき読み返す。

アイデアをつくるために、シンプルかつ本質をつく名著。

人を惹きつける広告は、社会学を勉強する方がいい。
常にインプットを繰り返し、その情報を咀嚼することでアイデアが生まれる。
生まれたアイデアを現実に使えるようテコ入れをする必要性と、実行力がその人の器量だろう。

〈なぜ男というものは例外なく最初の子供に男の子を欲しがるのか〉
著者のコピーだそうです。爆笑。

アメリカ最大の広告会社で顧問をしていたヤングさんが、仲間からどうやったらアイデアって出てくるんですか?!と聞かれた、その解答。

内容わずか50ページ。濃密です。
広告マンのために書かれた、すべての人のためのアイデア本。

薄い本なのですが、とても身になる内容になってます。

大学や社会に出てから、試してみたくなりました!

とにかくリサーチして断片を日常的に集める。それを組み合わせる。シンプルだけど難しい

20年ぶりに読みましたが、改めて示唆に富んだ本で、自分自身も年を重ねたからこそ、実感できる点も多い。本の魅力のひとつ。

企画と名のつくことに携わるなら、読んでみて損は無いと思います。

データ(資料)集め
データの咀嚼
データの組み合わせ
発見の瞬間
アイデアのチェック

この5段階がアイデアを作る基本

短い中に大切なことがぎゅっと詰まっています。厚いだけで結局何をすればいいのかわからない啓発本よりずっと実があります。

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない

アイデアのつくり方を書いた本は中々貴重です。
この本を読むとアイデアというのは単なる思いつきではないと言うことがわかります。
ただ洋書なので翻訳に所々違和感を感じます。。。

広告代理店の元常任最高顧問が、「人はどうやってアイデアを手にするのか」という疑問に向き合って書いた本。1時間で読み切れるページ数の中に発見がたくさんあり、無我夢中で読みました。

何度も読み直して確認しています

読者

9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc3733991e4ea0d da72 4a44 bb52 0c035f3ac80e148ad82b cc80 4c78 aae9 03fc0aee6cdb9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Aa0b7c1e 578e 4131 ae3d bd6b6dc1928aEb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac9 55人

ビジネス

ミクロ経済学の力

ミクロ経済学の力

9b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7

Mecon

名古屋暮らしの大学生

ミクロ本の中でも数式が少なく、初読者におススメ。専門外の方でもなぜTPPが国全体としては利益をもたらすことになるのか、など身近な経済事象の理論を学ぶことができます。

約11時間前

B1d4bba7 7a2c 4190 aa6e dbb707ea76cbFd15162f 8d75 4aca 92e9 6e7bbeb45b22B9dc7b31 ba38 4577 a50e 4c532d4f94c8 8
仕事は輝く 文庫版

仕事は輝く 文庫版

Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1

Hiroki Kameyama

徒然読書

活字が苦手な人でも読みやすい。 内容は割愛するが、仕事で行き詰まっていたり仕事に情熱を持てない人は読んでみる価値がある。

1日前

実行の4つの規律 行動を変容し継続性を徹底する

実行の4つの規律 行動を変容し継続性を徹底する

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

よろしくお願いします

凄く読んでいい本だった!! 知名度は無いけど、よく出来た本だ。 戦略は見つけるよりも「組織として実行する方が難しい」というのは同意。 組織毎に、目標も違えば、環境も違う。 それなのに汎用性がある「先行指標」と「遅行指標」などの概念で「戦略実行」をうまく説明している。 また、4つの規律も、マネジメント層だけでなく、現場で働くスタッフにも分かりやすい説明が出来るように設計されている。 このシンプルな「4つの規律」にまとめるまでは、かなり大変な試行錯誤があったと思う。 その成果を本として読めるのは読者の特権。 また、WIGという目標設定も、ありがちな「一番大切なもの」でなくて「今の水準で一番影響を与えるもの」という質問で探すなど、机上の空論で終わらない、理論が素晴らしい。 それと「シンプルなスコアボード」を「現場で実際に動く人がつける」というやり方も、単純だけどマネージャーがよくやる失敗を回避できる素晴らしいアイデアだ。 普通は「マネージャーが考えたスコアを従業員がこなす」という形式になりがち。 これだとスタッフの自主性が育たない。 「7つの習慣」に比べて知名度は低いが、この「4つの規律」は本当に素晴らしい。 この考えや方式はもっと広まって欲しいな。 求めている人は沢山いると思う。

2日前