61uf%2bc iljl

コメント

人工知能はいかに言語を習得するか?いやいやいやいや、めっちゃ面白かったです。

過去から学んで、今を生きて、未来を向いてる人の話を読むのはすごく面白いし、言葉なくして生きられない私たちが言葉について考えるのって本当に大事なことなんだと思います。

言葉は社会を形成するし、社会もまた言語を形成していくし、言葉の本質について、すごく考えることのできる内容でした

自然言語処理がもう次の地平へ行っていることが実感できた

『ことば』について色々と考えさせられる。

人工知能が人と会話する未来が現実のものとなった。

どのページもとても面白い。

読者

Fdb32e7f 3173 4de4 90d9 58275d83e18c799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94efYon normalF3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d861e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55258eb5af 6b78 4c74 b498 17e3cce6002e89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e41c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2 8人

雑誌

鉄道ジャーナル 2018年 07 月号

鉄道ジャーナル 2018年 07 月号

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

鉄道ジャーナルは鉄道の雑誌なので、電車と駅の解説のページがもくもくと続くのですが、時々これは! という企画や連載に遭遇することがある。「ミルクを飲みに行きませんか」は鉄道で各地のご当地牛乳を飲みに行き牛乳を作る会社にも触れてみるという連載。読んでこういうアイデアの旅の方法があったか! と。この号では広島と島根を走る木次線と、木次駅から徒歩約30分の場所にある乳製品メーカーが作るパスチャライズ牛乳についての解説や会社の直営牧場が飼育している山の斜面を歩ける牛についてなど。鉄道雑誌とは思えない内容。この連載は僕にとっては大当たりです。

20日前