61ohoqsfkrl

半ズボンに坊主頭、リュックを背負って九州、山陰、東北とぶらりぶらりの珍道中。「わしも山下清に毛のはえたような男です」という言葉を耳にした清は、「ぼくのどこ... 続き

コメント

小学6年生の頃、父に勧められて読みました。学校ではカバーをつけて読んでいた記憶があります。

読者

F4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dc43974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd 3人

山下清の本