51z tp1hhyl

【歴史地理/日本歴史】南北朝の内乱は、古代社会を崩壊させ、封建の新時代を築き上げた。この内乱の推移を、南朝方の結城宗広、楠木正成、後村上天皇、北朝方の足利... 続き

コメント

その昔、祖父母の家が吉野にあって南北朝のことを習った時に「昔のこととはいえ一日あれば京都から吉野まで来られるだろうにこんなすぐのところに逃げただけの南朝になんであんなに手こずったのかな」と思ってからずっと興味があって。名著と言われている本作が復刊されていたので読んでみました。少々古く、また新書にありがちな軽さはあるものの南北朝対立に至る変遷を特定人物を中心に語っていくことで対立と紛争長期化の原因を分かりやすく解説してくれていてなかなか良かった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cF64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0

林屋辰三郎の本

日本人の知恵

日本人の知恵

68bcb13d d1bc 412e ac57 ab2bf0844aab

misato

20年生きてきて、やっと本の魅力…

なべ、アドバルーン、仲人などなど。四季にあわせて集められた日本ならではのものたちについて、信じられないくらいのぶ厚い語りがなされているこの本。 あたたかい語り口に触れたい時におすすめしたい一冊です。

約2年前