Btn appstore Btn googleplay
61kdiosmerl

コメント

・士農工商はあくまで業種を意味する概念
・真剣白刃取りは「無理」
・手裏剣術に古流武術としての伝統はない。
・まさかの「小石入り振袖元祖ヌンチャク説」
・刀はとにかくお手入れが大変
・武士はマイ箸派。

…えっ⁈ と思わず二度見、ならぬ二度読みをしてしまうような、お江戸の豆知識が満載。漠然と思い込んでいたお侍さん像がいつの間にかキョーレツな何かに変わり出していくような。個人的には酒田の雄、多角経営百姓本間家の逸話に驚いた。武士だけではない、日本の過去を支え今に繋いだあらゆる方たちの存在に気づけて良かった。振袖ヌンチャクは置いておくとして、なかなかためになる本でした。

時代劇に興味がある人、
そうじゃない人でも子供の頃に観て自然と知識が。
しかしその知識、テレビでやっていた演出は実は間違っていた、と言う内容。
番組を作っているような人でも間違う時代劇の知識。
まさかの歴史家でも間違う。
一番面白かったのは侍や忍のミニ知識。
特に侍や忍の強さ、凄さに関しては、
夢が壊れること請け合いである。

読者

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd83ac63efa 7036 47d7 bbc1 e729b86b4ce6A80b23ae d6c3 4088 909d e7a4fd93be4f 3人

文庫

君がいない夜のごはん

君がいない夜のごはん

5f1b215f 57b5 4f06 8441 513f1936b6a7

Kei

偏りのある読書

かっこいい食べ物ってなんだろう に対して、思わず本を閉じて自分で考えてしまった。かわいい食べ物は想像できるけどかっこいい食べ物って難しいなあ。 考えれば考えるほど、しょうもないかもしれないけど、人生は楽しいと思える本でした。

7日前

彼女の嫌いな彼女

彼女の嫌いな彼女

D813a3cb 04c0 4bfc 9e55 97d89fdaf4f9

K2

読んだ本の備忘録につけてます

2021.11.20読了 久々に読んだ小説 唯川恵さんの本を読んだのははじめてでしたが、女性の感情、話の流れに飽きること無く一気に読み終わった一冊。唯川さんの他の作品も読んでみたくなりました。

8日前

キャベツ炒めに捧ぐ

キャベツ炒めに捧ぐ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

お総菜やさんが舞台の短編集。出てくる料理はすべて美味しそう。主人公達の大人故の明るさ、切なさもきちんと書かれている所がよい。「きゅうりいろいろ」は2018年のセンター試験の問題にもなっている。

20日前

12