511wmvayvzl

さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についた... 続き

コメント

絶海の孤島に招待された十人。何処にも姿が見えない館の主。古い民謡マザーグースになぞらえて次々に殺されていく男女。その後には十体のインディアン人形の無惨な痕跡が。果たして犯人は誰なのか?閉鎖された状況下、クローズドサークルものの最高峰だと個人的に思う。読み易く、情景が美しい。何度読んでも面白いし、忘れた頃に再び読みたくなる。

今まで読んできた推理小説の中で一番。
いつか原語で読みたい。

王道サスペンス。一回読んだだけでは全容を理解しきれないが、十分面白かった。

翻訳ものにも慣れていきたい。

読者

Icon user placeholder75ef2886 d3bc 4d56 93be c5436a914af49e5d4a7d 718b 4d22 b875 bf1c8279b936C6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d0Fc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada2677693d805 41a6 49ad ba0a 6e9e1ddaafec613f7c20 ba47 490c 853c a102b84e449a#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007f6feb88e138> 12人

アガサ・クリスティーの本

ゼロ時間へ

ゼロ時間へ

0b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944

massassi

ジャンル問わず何でも読みたい

ゼロ時間とは殺人事件が起きる時の事。事件が起きる前から始まり、解決までのストーリー。事件前の話に張られた伏線がきれいに回収されて気持ちいい。長さもちょうどよくて、小説を一気に読んだのは久しぶりだった。

3か月前