61ztoxdptul

コメント

「風景」や「景観」とも訳されるランドスケープへの新しい視点を気づかせてくれる。「里山セット」、「フィルタリング」されざるを得ない地図 内部を流動化するための外部の武骨化、どれもなるほどと膝を打つ。
「里山セット」とも呼べる「浅間山古墳」の農地利用、墳丘の周りは水田、墳丘段上の前方部は段畑、後円部は薪炭林という地形の読み取り方というかこれは地形のブリコラージュとでも言うべきかそれが古墳の形状を1500年も維持させるという制度を超えた人間の営みのしぶとさが面白い。
「無骨な躯体が内部のツルツルな滑らかさを支えるという構造は、道路や鉄道をはじめ、排水溝や水道管や銃まで、なにかを素早く『流す』ためのさまざまな施設や器具に見られる。外部の構造体は頑なに無骨であることによって、内側の流れの状態をよくすること、つまり『流れてきたものが速やかに流れ去ること』を支えている。また、そのように頑なであることによって、外側の構造体は滑らかな内部と周囲の環境とを隔絶している。内側と外側、それぞれにあるものの様態に注目するなら、この隔絶によって分けられているのは、ものが動くスピードである。滑らかな内部は、滑らかであることでそこに『流れる』ものの速度と量を調整している。この隔絶はまた、内部を流れるものが外部環境を巻き込むことを防いでいるとみなすこともできる。高速道路の自動車たちも排水溝を流れる水も、そこに閉じ込められることによって周囲の土地への影響をなくしている」P.168

ランドスケープの方々と仕事をして楽しいのは、僕らが土地を見る視点よりもはるかに広範囲で捉える姿勢で、江戸時代からの文脈だったり、遠くからの起伏の流れだったり、30年後の風景だったり。この本にもそんな視点が密度高く詰まっていて、とても楽しく読みました。

読者

971acd02 98d2 46cf a93e 2e11117ac8575f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Picture 6人

アート

図説 浮世絵入門

図説 浮世絵入門

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0120 2019/06/12読了 入門なので、ほんとにわかりやすい。 とっつきやすい。 この本で基本をおさえて、名前を覚えてどんどん深めていきたい。

5日前

世界 幻想とファンタジーの情景

世界 幻想とファンタジーの情景

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

実在するものとは思えぬ、映画かアニメのシーンを集めたかのような本でした。しかもほとんどが、全く聞いたことのない場所で、世界にはまだまだ穴場が多いのだなあと思うばかりです。秘境だった(と思われる)ウユニ塩湖のように、10年〜20年後には、この本に掲載の数箇所はメジャーになって多くの人に直接観てもらいたいなあ、という思いと、このまま世界の秘境でいてほしい、という思いが混在してます。 とりあえずアイスランドには、行ってみたくなります。

23日前

6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b66808a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de56f1a9cc 4b48 48f7 b4f8 73ef04ab4755 11
マルセル・デュシャンとは何か

マルセル・デュシャンとは何か

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

『《大ガラス》がウェットなのは、作品をただ鑑賞するだけでなく、デュシャンの思考を探索すればするほど、より「深く」理解できるような仕組みになっているからである。この「深み」にハマる楽しみがたまらないと感じる人も多くいたのだ。』 長い引用ですが。

約1か月前