Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51rageqso2l

多崎つくる鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡さ... 続き

コメント

深い経験が色彩をもたらす。
完璧なバランスは少しの歪みにも耐えられない。
バランスは経験がもたらす。

空っぽの容器だとしてもいいじゃない、誰かが中に何か入れたくなるような美しい容器になればいいってとこ、ほんと綺麗

文庫になったから手に取る。
村上節のファンタジックな要素は少なめで、淡々と物語は進んでいく。読み終わってみて読みきった実感がなくまだ渦中にいるような気持ちでいる。

村上作品にしては、とても読みやすくて現実的だったかな。夢の中でじぶんがしていたこと現実に起こったことなんじゃないかって、混同したことが私にもある。一度人に裏切られた(実際には裏切られてないけどそうおもいこんでしまった)経験は傷となって記憶となって残るけど、蓋はできなくてやはり歴史となってのこるんだよね。でもその歴史があるからこそ今の自分もあったりして、色はなくても、中身がなくても器に魅力があればよいというメッセージはとても勇気付けられたな、何色にも染まれるってことだもんね。

ろくにタイトルも覚えずに、訳も分からないまま読み進め、どんどんはまっていった
決してキレイな、スッキリしたストーリーではないけど、何だかじわじわ頑張る気?が出てきた!

ひさしぶりに村上春樹。30歳になって、高校生の頃と読み方が大きく変わったなと思う。

前に眠りか何かを読んでから村上春樹は封印していたのですが、わりと引っかからずに読めました。地の文と展開はわりと好きです。

真実を知るためにフィンランドまで、出かけるような過去は私にはありません。

「休暇と友だちは、人生においてもっとも素晴らしいものだ。」
フィンランド人のこの言葉は、友人と旅行しているいまの自分にぴったりだ。

当たり前のことも当たり前と思わないような人生を送りたい。

久しぶりの村上作品。世界感に引き込まれて一気読みしました。

2016.03.23.
久しぶりの村上春樹。
1Q84とノルウェイの森を7年前くらいに読みましたが暗すぎる作風が苦手だったので遠ざけていました。ですが、なんとなくタイトルが気になったので中古で購入し読んでみることに。
一言で言うととても面白かったです。
村上春樹独特の暗さは健在ですが、そこまでくどくないし(単にわたしが年をとったせいかな…)、性描写も少ないし、スイスイ進みます。
孤独とか虚無感とか社会的にイレギュラーなことがテーマなのかな。推理的な要素もあったような気がします。とにかくとても面白かったです。

読んでいた時期、主人公の多崎つくると、同じような境遇にいた。

それからその月は、私にとっての巡礼の月となり、かかわりを絶っていた大切な友人と、再び交わることが出来た。

たくさんの人に読んでもらいたい一冊。

初めて村上春樹さんの本を読んだ。いままでなんとなく手に取らなかったけど、ことばの「間」のようなものがステキだな、とおもった。なにかおいしいスープみたいに、調和がとれているともおもった。赤・青・白・黒の四色なのは、日本語でこの四色だけが「-い」と形容詞の形で表せる特別な色だからなのかな?

久々に村上春樹作品。よかった!

初めての村上春樹作品。独特な表現の連続で、なんとなく集中して読めない感覚が続いた

読者

C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b3206206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb9535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb30616bb2 61a7 4570 b7ce d847cda6ad9794171de8 5438 49c1 8abb 2d6ff611737aIcon user placeholderIcon user placeholder 109人

村上春樹の本

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

昔から好きな作家だし訳者だし、ほぼ全部読んでるはずだし再読するか、と思って手にとってみたらこれが未読の〜正確にいうと短編5編のうちいくつかが読んだ記憶のないもの〜作品集でなんか得した気分。短編と訳者である春樹さんのエッセイ、それに作者の「再発見」に貢献した文芸評論家の序文が収められている。「不躾なくらいに気前よく才能を撒き散らす作家」と訳者が言うとおり今読んでも古さを感じない作品ばかり。特にタイトル作は何度読んでも味わい深く素晴らしい。

約1か月前

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

8か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5