41kemdqgsfl

日本の医療制度の功罪を日本人医師と米国人政治学者が分析。 続き

コメント

日本の病院の診療報酬について書かれた珍しい本。
かなり前の本だが、さすが中公新書。
今でも十二分に通用する本。

読者

13befd68 b975 484f b0c2 b36941bcee4aC42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

新書

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

家族が読んでいたのを拝借&読了。 要点は最後の章に書いてあるが、既出のことは省いてあるので、全部読んだ方がいい。 劇的に改善された症例が挙げられているので、うっかり「誰にでも当てはまる」と思ってしまいそうだが、それが全てではないことを念頭に置いて読む注意深さはあった方がいいと思う。鵜呑みにしすぎない、ということは大方のことには当てはまることだけど。 採血項目名や薬剤の名前ポンポン出てくるので読みにくいようなら、割と読み飛ばしてもいいかも。 女性の体が鉄不足になりやすいことは事実だろうし、鉄分は人体にとって間違いなく重要な分子だけど過剰になるのも良くない。女性の場合は定期的に排出されてしまうから過剰にはなりにくいんだから、過剰については心配せずタンパク質と鉄分を意識的に摂取していくべきだ、と読み取ったけど、医師が書いたもので別の立場を取る人もいるので、正直、一般人としては悩ましいところ。 自分の体で試して、慎重に観察して、自分の体質や生活スタイルに合った食養生をしていくのがいいのでは、と思っているので、まずは試してみようと思う。肉と魚を多めにしてみる。

約15時間前

戦国武将

戦国武将

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

いかにかっこよく死ぬかが評価のバロメーター、そんな価値観は戦後の日本人にはとても無理です。

約19時間前

知的生活習慣

知的生活習慣

3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9

ナオテン

伊坂幸太郎から読書にハマる

生活を編集するという考えや勉強や知識のために生活があるのではなく、そのどちらからも矢印が行くような生き方をする等、著者の本を読む度に自身の考えの浅さに気付くかせて頂く。 でも、それが知識信仰であり、まだ、自分にはその信仰からは昇華するには時間がかかる。 数年後に読んでも、新たな考えに出会える名著。

1日前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a73575c357 f03c 4e6b 91ad 79f4dd0a84d3B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 10