41z5jgqnpnl

人気歌人が放つ、衝撃の短歌入門書! 人気歌人、穂村弘による衝撃の短歌入門書が待望の文庫化。冷たく不気味な世界のすみっこで「短歌という爆弾」を炸裂させ... 続き

コメント

穂村さんと初めて仕事した本です。15年前のこと。今読んでも鮮烈な、現代の詩としての短歌を知るための最良のテキストだと思います。穂村さんのロングインタビューと、枡野浩一さんの渾身の解説がついた文庫版がお勧めです。

“ほむほむ”の本じゃなかった。“穂村弘”の本でした。
私が今まで読んでたのは“ほむほむ”の本だったのか。(でも、整形前夜とかでときどき、人が変わる瞬間があったように思う。)
というか、本書を読んだ後では恐れ多くて“穂村弘”とかいえませんごめんなさい。穂村先生。

読者

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa55151e5ea ad01 4d0a 84e8 1721780f7bb7 5人

穂村弘の本

現実入門―ほんとにみんなこんなことを?

現実入門―ほんとにみんなこんなことを?

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

なにかのインタビューで『「僕の人生を四文字で表すと「びくびく」だと思う。でも、怖いものを、怖いから避けるんですけど、一方で惹かれもする。」』って言ってて、なんとなく自分に似ているような感じがして、ああ、似たような人っているんだな、って思ってすごく安心しながら読める。 けど、エッセイって共感を誘うものだし、なんだかんだ言って、臆病な割に、歌人と課長の二足のわらじを両立させていて、「あざとさ」を感じなくもない・・・笑 面白すぎて、三冊目のエッセイまで買ってしまった。

2か月前

74f3c7c2 627a 4c2e 9081 ab68e139c4bc4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Icon user placeholder 16