51vwrlrzxjl

現代ミステリの最高峰が贈る、すべてのミステリファンへの最高のプレゼント! 1955年7月、パイ屋敷の家政婦の葬儀がしめやかにおこなわれた。鍵のかかった屋敷... 続き

コメント

カタカナ名前が覚えずらくて、巻頭を何度も参照。
やっと覚えた感じのいいところで下巻へ。
うまいタイミングだね。

たくさんの村人が出て来るのですが、割と名前や職業や人柄に特徴があり、すんなりと入ってきました。と言いますか、個人的には、第1部最後で期待一気に膨らみ、集中力が研ぎ澄まされた訳なのですが、果たしてどこに向かうのか。上巻は町に馴染んできた辺りで終わりました。

読者

9bed34b2 4075 4bde 956d 4dab1cc8249e019c308c 495b 47aa 9c1e a2ecf59eedb4Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09545cf40d 34f8 4857 9a3b ad0d8011457aAb6ab138 80d0 49e5 a094 7d6c280f8e04Icon user placeholderIcon user placeholderF5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e8 29人

アンソニー・ホロヴィッツの本

モリアーティ

モリアーティ

D2753c7a 86bb 4be1 817f dc13905388de

sakupan♪

綺麗なもの、可愛いものたちを偏愛…

手に汗握るスピーディーな展開! 騙し騙され、誰が誰の仲間なのか?あの人の正体は?など、ページをめくる手が止まらず一気に読めました。

2か月前