41ge7dfh0al

コメント

ひっつき虫(オナモミ?でしたっけ?)をヒントに生まれたマジックテープとか、カモメの羽の形状を真似て作られた扇風機の羽根とか、自然界から学んだ技術やデザイン、そういうのを生物模倣というらしい。バイオミミクリーとかバイオインスピレーションとも言うのだけど、経済的にも環境的にも期待がもてる分野で、いま飛躍的に研究者が増えてもいるそうだ。
もちろんその分野は一括りにできるものではなく、イカの発色からシロアリの蟻塚、光合成を行う葉っぱなど広大で多岐にわたる。そうしたバイオミミクリーの世界の現在をルポしたのが本書。
生物は環境といわばうまくやっている。そうしたうまくいってるワザを模倣することはたしかに効率的でもあるだろうけど、そうしたいわば「夢の技術」と現実は異なることも明確にしているのがやはりきちんとしたサイエンスライターらしい目配りの良さ。
バイオミミクリーの難しさは実際そこにある。何をどこまで真似るのか、全く同じようにか、ちょっとひねってか? しかし生物の環境適応の解決法の要点はミクロなレベルにあるのか、マクロなレベルにあるのかもわからないし、そもそも生物はうまくやってるわけではなくて、なんとかやっているだけなのだった。それを模倣するだけではもちろん足りない。
そんな基礎的なこともきちんと分からせてくれるのはありがたい本。

読者

Ad7604a1 3d64 4e68 965f 3eb906966f0b2e3d001c a13e 4b6c b522 8d3de646fe2f40deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201fE60d665d 8e63 47e5 bc6f 9b04dae698caIcon user placeholder9d3d09d6 1c20 46fa a896 9bc7f8d787edA66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014816a0866 428b 4718 9cce 887a442f8a80 19人

科学

キヤノン特許部隊

キヤノン特許部隊

6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1

Tomoko

こんにちは

「私は特許担当としてまず、この六〇〇件あまりの特許群すべてを原文で熟読しました」(29ページより)

9日前

数学的思考法―説明力を鍛えるヒント 講談社現代新書

数学的思考法―説明力を鍛えるヒント 講談社現代新書

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

現代の数学教育の問題点。数学的能力が必要になったと言うようになったけれど、相変わらずいかに早く計算するかという点で論じ、やり方の暗記を強行に主張。大衆もそれをありがたがる。必要になった「数学的能力」とはなんぞや。数式は出てこないし、コラム形式でとても読みやすい。

10日前