31bh6waug6l

雑木林的空間をもつ建築へ。閉じた箱ではない「開いた場」的モデルへ展開する小嶋一浩の思考と実践。 続き

コメント

キーワードは、小さな矢印、黒と白、雑木林的、白の濃淡。
建築家・小嶋一浩は、世界のさまざまな場所でその都度違う体験をする中で自分にとっての設計の手がかりをつかまえたと語る。それらをとても平易な言葉で書きあらわした本。流れるように読ませる。

この本の主張に反対する人はそういないように思う。というより、そもそもこの本は「理論=まとまった主張」の構築というよりも「道具=キーワード」の紹介といったニュアンスが強い。
問題は、それらの道具をどのように(本人も思っていなかったような方法で)活用し、あるいは新たな道具を開発するのか、というところにあるはず。
白と黒の貫通、図式の還元と脱却が1つのヒントになりそう?

読者

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0A99d07b0 0d14 4310 99f0 f52dc3d2f1e97ec11bce 0b90 4ecc 86c7 9e1c1c5fe98c 3人

新刊

自律神経を整える最高の食事術

自律神経を整える最高の食事術

24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739

まるさん

15万人施術した 背骨とお話しす…

自律神経と腸内環境から健康的なカラダを目指すというコンセプトの食事術 水を重視しながら、食べ物ではなく、食べ方から見直そうという提案は参考になる。 糖質制限の問題点についても言及しつつ、糖のもたらす悪影響も語っていたり、コンビニ食の上手な活用法まで書いているのは現実的。 これが健康的かと言われたら、少し疑問を感じるものもあるが、真っ当なことを書いていると思う。

約9時間前

侠飯5 嵐のペンション篇

侠飯5 嵐のペンション篇

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

ご飯が美味しそうなシリーズも5段目になると、過去の登場人物はもう全員は出て来ないですねー舞台も奥多摩なので、場所的にも難しいかな… 今回の迷い人は若者二人。かと思いきや、もう一人二人三人…結構いっぱいいました。 ちょっと不便な奥多摩のペンションで、5億円強奪事件も絡んで、ちょっと面倒な人々と、頼りないペンションのオーナーさん。 人間模様も魅力です。

約12時間前