41uqghmr 1l

ほぼ日の経営について、 まるごと糸井さんに聞いてきました--。 糸井さんは、もともとフリーのコピーライターで、組織に身を置いたことはほとんどない。 それ... 続き

コメント

聞き手 これまでもほぼ日の本はたくさん出ているけれど、
「会社」としてのほぼ日の中身を、
糸井さんがこんなに語った本は、
たぶんはじめてじゃないのかなぁ?

糸井さんの、
社長が船長、社員が乗組員っていう考え方がスゴく好きで。

これって会社だけじゃなくて、
クラブの部長と部員とか、
いろんな状況に応用できると思うんですよね。

というか、
この本に書かれていること全部が、
みんな何かの参考になると思います。

仕事は楽しくしていいんだよ。
会社で楽しくする環境を作るんだって。

上場をして、
今までほぼ日を知らなかった人たちの目にも触れるようになって、
たくさんの人に
「そうだ、こんな考え方もできるんだ!」
が増えていけばいいなぁ。

僕は糸井さんに、
いろんなことを教えてもらいました。
いちばん尊敬する人です。

なぜ糸井さんは、会社を上場させたのか。
「夢に手足を」と言う糸井さんの言葉というか、詩があって本当にふむふむと聞き入ってしまうのだが、その冒頭には夢には翼しか付いていないとある。
やはり、実は夢には翼さえもついていないんじゃないか?その夢に、大航海できるように、なにかしらつけたかったんじゃないか?
なにかしらを言葉で説明ができないのが悔しいけど。

読者

Icon user placeholder6eb3f2b0 f4e4 44e9 9c4e 0d8726b9d788C41310b7 7eb9 4163 9f68 600d4b0e254128ffa703 2c5c 4df5 8fee 38dde82843d59c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd018b83c5 0668 4ed4 8ea9 38aff4a710bf5ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51aDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f 13人

川島蓉子の本