511b%2bnps59l

不妊治療現場の知られざる「主役」。「いのちの素」を育む胚培養士たちの物語。第16回小学館ノンフィクション大賞大賞受賞作。 続き

コメント

就活終了して内定式も出たのに、大学の求人票で不妊治療クリニックの胚培養士の募集を見つけて興味を持った。この本を読んで、胚培養士の仕事の責任の重さ、不妊治療を受けている患者さんの思いや辛さを知って、胚培養士になってどんな仕事をしたいのか、患者さんとどう向き合っていくか考えさせられた。1%の可能性を信じて、最後まで諦めない根気強さ、受精卵取り違えを防ぐために細部まで注意を払い、チェックを怠らない慎重さが求められる職業だと思った。

読者

D361fbff 3e94 447a 82e0 63635baa49f6Icon user placeholderIcon user placeholderA375d57b f91b 452c b38c 156d2247dafe12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0Icon user placeholderCf2f2b28 0681 4f12 9f2c 6af3bf71ffa62441d909 2217 40db 860a 438a4b7b7884 13人

ノンフィクション

ロスト・シティZ~探検史上、最大の謎を追え

ロスト・シティZ~探検史上、最大の謎を追え

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

アメリカ原住民連続殺人のノンフィクションが良かった作家のデビュー作を手に取ってみた。ヴィクトリア時代に世界的に有名だったという探検家~顕著なランドマークなどの発見がないので忘れられているらしい~パーシー・フォーセットの行方不明の謎を追求した一作。探検家目線の章と、作者自身の動きの章がほぼ交互に出てくる構成。アマゾンのどこかに古代文明の大きな都市跡があるといういわゆるエル・ドラドの伝説を追ってジャングルで行方不明となった探検家はジャングルでの過酷な生活にも耐える頑健さと先住民の文化を尊重する公正な心を持った傑出した人物だったらしい。もっとも「できない人」に対しての許容ができず同時代人からの評価は二分されるようだが...。この時代の探検家の殆どがありあまる富に物を言わせるタイプだったのに比して没落貴族の出身で軍人だった探検家~第一次大戦では砲兵隊中佐として参戦、ソンムの戦いにも加わっている~は生涯に渡って探検への資金集めに苦労し、最後は息子と息子の友人の三人でジャングルに消えた。アマゾンのような過酷過ぎる環境では高度な文明は発達しないというのがほぼ定説になるまでに彼らの捜索、救助の目的で命を落とした人は100人を超えるという。しかし初期の征服者達がジャングルの奥で大都市を見たという話を残しているのも事実らしく…作者も探検家のことを調べるうちに自らもジャングルに入りそこで新たな説に出合ってエル・ドラドの正体に行き着く、という構成がかなりスリリングで引き込まれた。

約20時間前