Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41prk9iwxpl

9・11以降の、"テロとの戦い"は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた... 続き

コメント

なんでこんなに好きなのかうまく説明ができない。

描き出されるリアリティに満ちた世界観の中で、本当に起こり得るかもしれない悲惨で人間臭い世界があって。

言葉ってものと、そのシニフィエを疑わなきゃダメだっていう結構当たり前なことをいつも思い出す。

SF好きじゃなくても読むべきイチオシの日本小説。

若くして亡くなった鬼才「伊藤計劃」の代表作。ジャンルはSFになるのだけど、そのリアルな描写・設定や、ミステリーと言ってもよいほどの意外なラストに、SF好きじゃなくても大満足。

【破壊・混沌】をテーマにした本作のあと、【癒し・救い】をテーマにした「ハーモニー」も抑えて欲しいです

9.11以降(以前の問題も関係して)の報復の連鎖が最近のさまざまな国際的な事件に繋がっているし、これからもっとひどくなるのかな、と思っていたところでやっと読みました。謎の男ジョン・ポールの本当の思惑を知って、クラヴィスの最後の決断を知って、もやもやと考えてしまうなあ。

“虐殺を引き起こす文法”を操る男ジョン・ポールの台詞に魅了され、何度も読んだ。
グロテスクな描写が多いのは、過激さを求める読者を喜ばせるためではなく、残酷な現実を隠さず曝け出すことによって、
「見たくないものから目を逸らしたままではいけない」
と警告している。これは物語のテーマにもよく沿っており、そのことに気付いた時、伊藤計劃の才能に改めて感心した。
早世が惜しい作家であった。

僕の聖書。どうしてヒトは言葉を話すのか?とか、メタギアとかルワンダ・ナチスの大量虐殺とか、そういうのに興味ある人はハマると思う。あと、映画好きな人。

久しぶりに小説読んだー。

すごくリアルを感じる軍事SFでした。

個人的には『世にも奇妙な物語』みたいな結末だなぁと思いました。

「神を信じていなくたって、地獄はありますよ。..頭の中、大脳皮質の襞のパターンに」人間を殺戮という混沌に叩き込むジョン・ポールの虐殺の文法。その真意に気がついた時、彼のする選択とは。
自分の転換点になった小説。おそろしく澄んだ文章。
意味がわからないほど好きな作品です。

人間は本当にそのような仕組みを持っているのでは無いかと考えてしまうリアリティがある

題名的には近寄りがたさが多少あったけれど、読むと面白すぎて一気に読んだ。
SFだけどもSFばかりが目立つわけではなく。
リアルさもミステリもあり。

伊藤計劃の死後も絶えずファンがいることも納得。
私もその一人になってしまったけれど。

近年の日本SFの中ではトップクラスの作品なのは間違いありません。
ハードなストーリー展開と、ややリリカルな語り口に魅了されました。著者の早逝が惜しまれます。

リアルなSF。9.11以降だからこそ産まれ、評価される作品、面白いが、同時に恐怖を覚える。
価値観はどこに帰属するかでまったく異なるということ。それを認めない世界は混沌へと突き進む。
アニメ化が楽しみ。

死、戦争、殺戮、そして虐殺を突き詰めた世界で人はどうあるのか。どう考え、どう生きるのか。
SFでもあり、近未来の実験でもあるような挑戦的な作品。
作者の死が悔やまれます。

サイエンスフィクションの中に散りばめられたリアリスティックな世界の表象

友人に勧められて知った一冊
物騒なタイトルとはうって変わって、リアリティのあるストーリーに惹きこまれた

海外SF小説を翻訳したかのような文章。
「若くして死去した作者が残した数少ない作品」、という商業的な理由で売れている訳ではない、と読めばわかる。

ただただ、もっと作者の作品を読みたかった。

映画の公開時期がようやく決定しましたね!おめでとうございます!
近未来SF的なギミックや軍事用語が散りばめられた文章は一見とっつきづらそうですが、言葉選びのセンスが良く、ぐいぐい読み進められます。
SFの傑作と言われることが多いですが、
赦してほしい、罰してほしい、会いたかった、守りたかった、などの登場人物たちの人間らしい感情が、戦争を必要とする世界に翻弄され、すれ違ってしまう様が印象的でした。
299ページ8行目の「風景が遠ざかるのと同期して〜」の箇所、なんともいえない虚しさと危うい一途さが、好きな一文です。

とにかくすき
思考をぐるぐる乱される感じがしてとてもよかった
伊藤計劃さんの言葉選びがとてもすき
哲学的だけど、それにしては読みやすいと思う

ストーリーも会話もおもしろかった。でもJPと主人公がそれぞれ選択した結末には納得はいかん

再読。例の事件は私達にとって現実味を欠き、もはや物語と区別が付かなくなっている。そこで私達は見たくないものにマスキングをして、認識はするが感受しない二重思考にも似た平和を実現した。
私達の偽りの努力が文字通り自己満足であるのならば、完璧な平和の実現にはマスキングをした部分に対して冷酷で無慈悲な正義を押し付けるしか無い。
ジョン・ポールの生きた言葉達は、伝播し模倣され拡散する事で一定の空気、流行、慣性を作り出し最適な場面で理性にマスキングをする。これは彼だけの能力では無く、私達の無意識にもきっとあるはずだ。

読者

A17e4d54 a885 4074 9743 0c029bbc6aa05acb2393 5a07 4cea b472 39b5f31161a5440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb85801f59846 4828 4cd6 ab46 86a79a32671427dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cbBd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449 92人

伊藤計劃の本