Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61aaq3ybopl

高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが-。姑に不妊治療をせまら... 続き

コメント

タイトルがまずいい。映画もなかなかでした。たくさんのレイヤーの感情を上手に編めているうまい作品。

各短編小説は全て繋がっていて、それぞれの登場人物から見た一つの事柄を描いた作品。人には一人ひとり事情があって、みんなそれを背負いながら必死に生きている。映画も観ようと思う。

ただのありがちの出来が良い不倫物語だと思いきや、性の先の生について語ってる物語。

みんな人には見えないところで色んな悩みを抱えてて、戦いながら必死に生きてる。自分だけ頑張ってんじゃないよなって改めて思わされる。めっちゃいい。

はじめは官能小説かと思ってました。(笑)しかし、それぞれの登場人物が抱えている闇や痛み喜びが描かれています。映画も見てみたいと思います。自分も力一杯生きようという気持ちになりました。

様々な人物の視点で展開していく物語。
誰しもが事情を抱え、それにもがきながら必死に生きている、なんて不甲斐ないのだろう。

悪い出来事もなかなか手放せないのならずっと抱えていればいい。
そうすればオセロの駒がひっくり返るように反転するときがくる。

そのフレーズに救われる。

ドキッとさせられました。生きることは、しんどい。綺麗事の並べられない世界。それでも、たまにある、ちょっとした幸せな出来事のために人は生きているんだろうなぁとぼんやり思いました。

おいちょっ、斉藤しっかりしろよぉ!そりゃ不甲斐なさすぎて空も見上げたくなるわな!…というお話です。

ただのエログロ、なんて通販サイトのレビューで見かけたことがあるけれど、そんな描写はひとつもないです。
人が誰でも持ってる感情とか、あまり表に出せないことを、気持ちよいくらい率直に、繊細に表現している小説です。
自分のことでいっぱいいっぱいになってしまった時に、読むと、心が落ち着きます。日常のバタバタは落ち着きませんが、それでも気持ちは毎日きちんとしていようと思える本です。
あと、中に出てくる「はちみつ色に染まった空」という表現と、その後に続く文章に、ぐっときます。窪さんのそういうセンス、好きです。

予想をいい感じに裏切られる読後感。字面よりも深くてシリアス。連作形式も味を出してる。

田畑智子ヒロインで映画化ということで、観ようとおもいつつ観れないでいたので、原作を読んでみた。
ままならなさ、閉塞感、抜け出したいと切に願いつつ抜けだせない膿んだ日々。
その中で、足掻いて踠いて傷に、泥に塗れ抵抗する彼や彼女達。

本書は、プロレタリアならぬプレカリアート文学だと思う。

この国が階層社会である事は、最早殆どの人々にとって既知の事である。
「ありのまま」の甘い夢もいいけれど、苦くて辛くてしょっぱい現実に目を塞がずに現実を生きねば…

タイトルと表紙から、爽やかなイメージで読み始めたら、全然違ったが面白かった笑
色んな登場人物の感情や背景が上手く描かれていて、それでいてまとまっていた。
性と生について考えさせられる話でした。

久しぶりにワクワクする作家さんが出た!と嬉しくなった本。窪さんは性描写がよく話題になるけれど、その奥で「人間」という生き物について目を逸らさず描く事に関してとても秀でていると思う。
早く新刊に辿り着きたい(積んでます; )

世界が肉付けされていくリアルな快感。気持ちよかった。

初期の頃の石田衣良に雰囲気が似てる。それをもっとザラザラにして、文体を少し優しく今風にしたような

読者

3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbEc679746 fc9c 4986 84d1 d548053f0ab4087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Icon user placeholderB0d42596 155b 402b 8408 aab00b111f68 88人

窪美澄の本

ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見た

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

映画を見る前に読んでみようかな、と。 各登場人物の生活がどれも生々しくて、読んでて心がヒリヒリした。 友だちとしてつきあっていたのに、その友だちのとんでもない秘密をバラすチラシを投函しまくる高校生。うまく表現できないけど、なんかわかるというか、やっちゃうかも?!と思った。 あと、チラシをばらまかれた高校生の助産院を営む母親の別れたオトコに対する言葉で響いたのがあった。「彼の自由な生き方を無責任におもしろがって結婚したくせに、子供が出来た途端、夫や父親としての責任を彼につきつけた」と言って自責する。そんなに自分を責めなくても、本来なら自然にそういう役割をこなすようになれない男を責めたっていいのに、と思った。 一方で、自分は未婚なんだけど、もし仮にも結婚してたとしたら、彼女が選んでしまったようなタイプの男とだっただろうし、同じような結末となったに違いないと思った…

4か月前

Icon user placeholder04b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fb86c4f927 2a46 4d23 ad87 0c3ba70c1921 16