Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51rzk5nls0l

「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う」。わたしは、人と言葉を交わしたりすることにさえ自信がもてない。誰もいない部屋で校正の仕事をする、そんな日... 続き

コメント

掴めないような、掴めなくていいような、なんだか地に足がつかない本。けれど それが心地よい。
読了2015/05/26

タイトルと装丁に惹かれてジャケ買い。川上さんの本は初めて読んだのだけど、時間がゆっくり流れていて言葉遣いがとてもきれいですきな小説。

"
言いたいことが言えず過ごしてきた人"と"思ったことを言い過ぎてしまう人"の相対的な部分を表すと共に、冬子の三束さんに対する少しずつ芽生える恋心に温かくなりました。

いつも夜にお店の前を通る小柄で白髪混じりの男性を見ると、私はこの本の三束さんを思い出す。

うとうともやもやはっきりしない、まどろみの中で見た夢のような本でした。

読み終わった後、
じんわりと余韻が広がって
少しだけ涙が出ました。
人が人に恋に落ちる気持ちそのものだ と思いました。
川上さんの言葉の表現が
丁寧で繊細で美しいです。

久しぶりの純文学。言葉の組み方や、漢字の開き方もクセが可愛くて素敵です。最後は少し寂しいだけど、ハッピーな百合エンディングとして受け取ってもいいと思うね。

冬子と同じように三束さんに恋をして、冬子と同じように胸が締めつけられて泣きました。
小説を読んでこんなに涙が出たことはなかったかも知れない。
美しい物語を読みました。
また冬子と三束さんに会うために、私はこの本を読むだろうと思いました。

ゆっくりと、けれど静かに激しい感情が流れていく。
会話は少ないけれど、あんなにも色濃く人物達の感情や考えを示した本ってなかなかない。
川上未映子の綺麗な言葉にも魅了されました。
ジャケ買いで久し振りに成功した本です…笑笑

ゆっくりと読み進めました。一言一言が繊細で、でも人の本質をつくような言葉がところどころあって、なぜか心があたたかくなる気持ちがした本でした。

冒頭の一文から惹きこまれました
豊かできれいな文章がすてき
こんなふうにことばを選んでみたい ✩

川上さんは「乳と卵」でファンになりました。この作品もとても独特の文体で、一度入り込むと人物たちの表情や心情が一気に流れ込んでくるようでした。

本屋さんで教えていただいたオススメの本。人との関わりを「楽」にしていようとも、三束さんとの繋がりを大切にしようとする主人公のその姿がまぶしい。何より風景描写が好きかもしれない。

飴細工のように繊細で今にも壊れそうな関係。
川上未映子さんの描く世界は、ひどく美しい。

共感できる部分が多く何度もうなずきながら読んだ。
普通の恋愛とはこういうものだと思える。そんな普通の恋愛を光の物語のテイストで綺麗に綴られているところがとても良かった。

川上未映子さんはエッセイがとても好きで読んでいたけれど、この作品はただの恋愛小説ではなく、それがとてもよかった。

ある女性の独白にも似た文面は漢字とひらがなとカタカナの配分が絶妙で先へ先へと急く気持ちを均してくれる。

すべて真夜中の恋人たち

その題名の生まれる瞬間に至るまでの短くも濃密なひとときのお話。

冬子さんの職業、校閲者以外には考えられない。恋愛小説だけど、今のわたしには職業小説にも思えた。

読者

0a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c8Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f904b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fb36f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62eaA837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340d 104人

川上未映子の本