Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41zobouluol

お願いします、あの日に戻らせてください-。「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性... 続き

コメント

登場人物の気持ちが、よーく分かる!

ちゃんと泣けました。

過去に戻れても、未来に行けても、今を生きているんだから、今を大切にしよう。

恋人、夫婦、姉妹、親子。どれも身近な存在。だからこそ、大切だってことを忘れがち。想いを伝えることで新しい関係になれますよ。

過ぎた過去は変えることはできないし、これからくる未来を確実に思うようにコントロールできるかはわからない。

でも人はいつどんなときでも変わることが出来る。

コーヒーが冷めても心が冷めないように日々励もう、そう思った1冊。

とても読みやすく、一貫したストーリーで面白かった。最後の伏線の影響なのかわからない無茶振りなとこがあったがそれはそれでよかった。

後悔の無い人生なんていうのは、ありえないかもしれない。

でも、ただただ、今という時間を、瞬間を、本当に本当に大切にして生きていかないと と感じました。

作者さんが、劇団の脚本家さん ということもあって、登場人物たちの会話がすごくリアルで、自分も、まるでこの喫茶店の中にいるかのような、すごく、物語に入りこみやすい作品でした。

個人的には、第3章「姉妹」が一番好き かなー。

少し前に話題になってた本。全てのストーリーが喫茶店の中だけで完結しているなと思ったら、元々舞台の脚本として書かれたと後書きにあったので納得。いずれの話も最後の詳細は書かず、想像でハッピーエンドと思うことができます。
本筋とは関係ありませんが、面倒なルールはどうして判明したのかが気になります。

読み終わるまですごく時間かかったけど、高竹と房木夫婦とても好き!
過去に戻っても、未来に行っても、現実は変わらないとしても会いたい人私には今のところいない。
大切な人ができたら、読み返したい本かもしれない。

いくつかのお話に分かれていてとても読みやすかったです!終始のほほんしていて平和な感じで心温まる小説です。

ほのぼのとする本です。
心がささくれ立っている時の清涼剤になるかも。

コーヒーと一緒に読みたい本

過去に戻れる喫茶店の席。コーヒーが冷めないうちに戻らなければいけないという…ほんわか、としたそして感動の、そして最後は本当に涙流れました

舞台を観ているような気分で読めました。
こんな喫茶店があるといいなぁ。

たちのぼる奇跡、苦い後悔。

過去は変えられない。
だから、一秒も無駄にしてはいけない。

なんとなく物足りなさがある気はするものの、それぐらいがちょうど良かった気もする。コーヒーを飲むようにさらりと読めてしまうそんな一冊。

ストレスを涙で発散したいと期待をかけすぎたらだめですね。私が勝手に期待値を上げまくってしまったけれど十分面白かったです。最後のところは、母となった今だからこそ気持ちが分かり、じわじわと読後に心に残りました。

本屋大賞ノミネート、という事で読んでみました。
割と重い事を書いているはずなのですが、深みが微妙です。描写も深くは感じられませんでした。お昼のドラマでしょうか。
正直物足りないです。

第二話の『夫婦』と、第四話の『親子』がジーンときた。
過去に戻れる話はよくあるけど、この本は設定が面白いのと、こんなに制約がある中で”未来”じゃなくて”心”を変える喫茶店って素敵だなって思った!
ただ帯とか宣伝に書いてある「4回泣けます!」っていうのは大げさだった笑

読者

Icon user placeholder84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae77046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4d14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23aA3fe9208 07e2 4d6b 982b bbb4100f07db89a39171 8432 4fd5 8a97 7bf1cfdd9b5016f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c37169125b 47f0 45a1 bd2e 21316633b23b 149人

川口俊和の本