51c p4ef6hl

この場を借りて、ひとつの告白をさせていただきます。 ――府中三億円事件を計画、実行したのは私です。 今なお語り継がれる未解決事件、完全犯罪として成立し... 続き

コメント

ーこの事件は、私の青春そのものなのです。
この意味が深く胸に刺さった。
実際もこのような事件であってほしい。

「熱量が違う…」読んでいてその意味が分かってきた
自分の気持ちを吐き出す事ができる場所がない、うちに溜めるしかない時代
SNSになんでも書き込んで、なんの責任も持たない時代
どっちがいいのか分からない、もどかしい
そんな事を考えてしまう話だった

全く面白くない…
何故、人気があるのか了解できない…

読者

20fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e8233ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad43E6093ee4 1b81 4ed4 94fe fda595a4eb1478e62828 3fa7 414d aab9 85c74a7c543eIcon user placeholder5ef2a0ae 3f6b 4656 96d2 9873d8c88b3aEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c05390ec6291 8dbd 4aa4 a029 1ebb09dd4beb 28人

文芸

仕事は楽しいかね? 2

仕事は楽しいかね? 2

43ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb14

umeshuuta

紙でもkindleでもオーディオ…

マックス・エルモア第二弾は最高の上司と最高の部下についての話だった訳ですが…読むの2回目なのにエピローグで泣いちまったよ…(多分1回目も泣いてるはず)前回読んだ時より自分に響く事柄が多かった気がする。分かるなーとか、これは出来てないなーとか。「仕事は楽しいかね?」ほど衝撃は受けなかったものの、世の中の常識を打ち破る論理は相変わらずだし、そのエピソードの数々には心に響くものがある。部下を持つ人は是非一度読むべき本かも。

約6時間前

75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03D38c464d 4611 4a24 8823 8fea5cea382dDc1b0189 08a9 4e98 bf46 0b9e96f2d371
会社を綴る人

会社を綴る人

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

できない君が唯一誇れる書くということ。『あくまでも自分の中で』と註釈をつけてしまうほど紙屋君(偽名)は気弱だ。 だが彼は、物事の根っこをキチンと抑えられる、強くで優しい人物である。それを、英雄伝ではなく細やかにとても遠慮がちに、人々の心を掴んでいく様子を描いているので、本自体が紙屋君の雰囲気だ。 気弱なブレる事が〈出来ない人〉は、みんなの心の扉を遠慮がちにノックしていきます。 大きな枠の中に居られない人は=役立たずではない。

2日前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f893c7a03 6ff6 42d8 b81f 2795c753583e 16