Btn appstore Btn googleplay
41zkvs6fghl

白の異装で街頭に立ち続けた一人の街娼。年老いるまで、そのスタイルを貫いた意味とは? 20年を超す取材をもとにメリ-さん伝説の裏側に迫る! 続き

コメント

著者は直接メリーさんには会ったことがないからこその視点で、かつてあった港町ヨコハマのアイコンとしてメリーさんの物語が上書きされていると感じる。
「横浜の人びとにとってメリーさんを語ることは人生を振り返ることでもあった。横浜でメリーさんと無関係な取材をしているときに、なにかの拍子でメリーさん話になったことが何度かある。そんな時語り手はメリーさんのことに留まらず、横浜という都市の記憶や自分のこれまでの来し方をも芋づる式に思い出すのが常だ」P.10
これはまさにその通りで町でばったり遭遇した時の記憶とか風景が焼き付いてそこに自分の過去までいっしょに持ってくるからバイアスがかかるのも仕方ない。
近過ぎると見えないこともあるということを気づかせてくれる。文庫書下ろし

読者

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858Icon user placeholderFd66c2b1 2c02 46f2 acf5 d96effd4729eB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4Icon user placeholderE9361799 b3b2 4bf9 95c7 f9940384a994F888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9Picture 9人

ノンフィクション

白

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0186 2020/02/21読了 白についての本。色の白だけではなく紙の白、空間の白など、意味は幅広い。 紙の章が好きだった。 原研哉さんが自ら装幀しているので、読んだ後に本を眺めたり触ったりした。どういう意図で選ばれた紙なのかな、レイアウトなのかなと考えた。 あと神社の空白性もたしかにそうだなあと。宿るかもしれない神のための空白。

1日前

8b0cb29a f6a3 4400 a8c6 d3cba15285ae4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Icon user placeholder 13
バッタを倒しにアフリカへ

バッタを倒しにアフリカへ

1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8

オールドファッションドボーイ

ボロは、着てても心は、錦

高野秀行を学術的にしたような面白さ。こういう学者がいると日本はまだまだ頑張っているという気がする。

2日前

Icon user placeholderDd56be2c 1bc9 4001 87d0 1b8efcf61d12B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3 176
ミャンマーからラオスへ 古タイ族と出会う山岳回廊

ミャンマーからラオスへ 古タイ族と出会う山岳回廊

23b9e536 985e 4527 82a2 8a43b985b260

みき

古本とジャズが好きなトランスジェ…

タイ王国のタマサート大学に客員教授として駐在中の方による、インドシナ山岳地帯の旅行記。現在はラオス・タイ・ミャンマー・中国が国境を接しているこの地は、戦いが繰り広げられた場でもあり、交易の場でもあった。それぞれの国に属する都(ルアンプラバン・チェンラーイ・チェントン・景洪)の様子が、出会った人々の表情やことばとともにスケッチされている。読み進めるうちに四つの国と都がじわじわと溶け合ってくる。まずはチェントンから足を運んでみたい。

3日前

人体の冒険者たち

人体の冒険者たち

314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad01

ユタカ

ワンコソバ・シティの上空163セ…

うっとりしながら読んだ、スコットランドのお医者さんのエッセイ。訳者が「音でも聴きたい」とオーディオブックを手に入れたほどの名文で綴る、人体にまつわる古今東西の四方山話や患者のエピソード。文学的な才能のある何かのプロの文章は、本と向かい合う時間をとても豊かにしてくれる。

7日前