51yw56mxdql

楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、火傷の傷跡…。人々が思い出の品々を持ち込む「標本室」で働いているわたしは、ある日標本技術士に素敵な靴をプレゼントされた。「毎日... 続き

コメント

小川洋子さんのお話は、ことばがとても綺麗で好き。この標本室があったらいいのに、と何度も思った。

優しい綺麗な文章なんだけど少し怖い本
標本、靴、弟子丸
最後の靴磨きのおじいさんのやりとりが好きだった

小説もいいですが、これを原作にしたフランス映画がいい!主演のオルガキュリレンコがサイコーに美しい。原作に忠実に、でも脆くエロティックでたまらない世界。

およそ10年ぶりの再読。当時はあまり入り込むことが出来なかったけれど、今読むとぴったりと収まるように読むことが出来た。

淡々としていながら、気づくと後戻り出来ない方向へ進んでいる感じが好きです。

1番好きな本
どろどろしてなくてでもふわふわもしてない
世界に1人ぐらいこんな恋愛をしてそうだなって思う本

『死』とか、『ある瞬間をもって、日常から消える』とか、そんなかんじ。
それが愛なのか、なんなのか。
当人にとってはそれは大した問題ではないのかもしれない。

ちょっと不思議な雰囲気な場所が、描かれる恋愛にスパイスを与えている。
舞台に相応しいイメージをそのまま甘美に表現する作者の力に魅せられる。

とある永遠の愛について。

言葉のひとつひとつが透明で、とてもきれい。きれいなのに息が詰まって行くような感覚も追いかけてくる。

もし私が彼女なら早いうちに逃げてしまいたい。

でもきっと彼を前にしたら同じようになるのだろうか、と思った。
火傷の少女と主人公の結末が、私が思っている通りならばとても恐ろしいけれど究極の愛なのかもしれない。

六角形の小部屋の話はどこか暖かみがあって、また主人公と同じように何故かミドリさんに惹かれている自分がいた。
いつかこんな体験をしてみたい。
本当に必要としている人にしか巡ってこないような、そんな体験を。

どちらの話も少し独特な雰囲気があって、文章が息づいているような感じがした。
個人的には、六角形の小部屋の話の方が好き。

綺麗な文章で書かれているのに、暗くてひんやりとしている空気が少し怖くなる。標本もサイダーも足とつなぎ目がなくなる靴も弟子丸との浴室も少しだけずっと怖い。
二編目の六角形の小部屋の話の方が私は好きだった。六角柱の上質な木部屋が吸収する力に安心するしとても良かった。

まるで宙に浮いたような文章。わたがしに触れてるかのような軽さで、でもどこかべたついた感じがする愛がある。

小川先生の文字に魔力が宿っているに違いない

サイダーの甘い香り、冷たいタイルの床

読者

Icon user placeholder16ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4da5c37b4b4 e3ce 4812 94b5 4e7411cda0513524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda83A13a4821 c3bd 4274 bee6 5b6761fe1abbEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09C04d44c5 6380 4772 95f6 3f450d7c6c9a06cf8156 1307 4078 b445 4609e955f232 61人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

29日前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

2か月前

3af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7