417iop0ddyl

発行元から

響、高校生活最後の1年が始まる。

デビュー小説『お伽の庭』が、芥川賞と直木賞をW受賞するという快挙を成し遂げた鮎喰響。驚異的な現役JKの存在に世間は振り回されるが、響本人は変わらず平穏な日常を送っていた。

そんな中、全国高校文芸コンクールで文部科学大臣賞を受賞したことで、響は世間の注目を集めてしまう。しかし、響の奇策で執拗なマスコミ攻勢はひと段落。

そして高校生最後の年が始まった。

【編集担当からのおすすめ情報】
響もいよいよ高校3年生です! 芥川賞と直木賞をW受賞してから怒濤のように過ぎてきた毎日ですが、響はいたってマイペース。この巻では将来を意識した響の新しい一面が垣間見えます。どんなに天才でも未来は決まっていません。響は高校生活の残り1年をどう過ごすのか。ぜひご注目ください!

柳本光晴の本

龍と苺(1)

龍と苺(1)

Icon user placeholder

mayoimaimaid

響が面白かったので読んでみた。将棋の事をよくわからなくても面白く読めると思う。ハチワンダイバーもオススメ。

4か月前

響〜小説家になる方法〜(13)

響〜小説家になる方法〜(13)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

元々、響の高校生活を描きたかったマンガだったのかな〜、と思った。 入学の衝撃と卒業の後味の良さというのか…。 きちんとまとまっているように思えた。 逆に、これ以上続けた場合どう収拾するのかが難しくなるような気もした。 だって、凄い賞を既に獲っちゃってるから。 私は1巻の発売時から買っていた訳でなく、たまたま書店で「小説家を題材にしたマンガは面白そうだな」と思ったのがきっかけ。 そうしたら、主人公がめちゃくちゃ破天荒で面白かった。 ただ、響の行動を見ているだけで楽しかった。 特別な事なんて無くて全然良かった。 そう思わせるキャラを作れたのは、素晴らしいと思う。 楽しませてもらいました。 個人的に、リョータはストーカー気質のままだけど(笑)、その中でも自分の人生を見付けて自立して生きようと決めるシーンも良かったと思いました。

約2年前

響〜小説家になる方法〜(12)

響〜小説家になる方法〜(12)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

『お伽の庭』の漫画化^_^巡った内容。 この話は私自身興味深かった。 これまで漫画家マンガは何冊も読んだことがあったけど、小説家側に立っての漫画は初めてだ。 (ちなみに、『バクマン』は読んでいない。) 私はマンガ好きだから、漫画化マンガにしても、どうしても漫画家さん側に肩入れしてしまう傾向がある。 でも、小説家もプライドを持っていて、漫画家と同様に漫画化の事を考えているのだと、そんな当たり前なことすら今更気が付いた。 マンガの方が売れていると勝手に上に決め付けていて、正直原作者に対して軽く思ってた部分もあったと感じた。 だから、目から鱗というか…。 すごく読んでよかったな、と思った。

約2年前

響~小説家になる方法~ (10)

響~小説家になる方法~ (10)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

遂に、響の正体バレる‼︎ そのバレ方も響らしくて良いな、と思わされた。 誰であろうと自分を曲げない強さって、ここまでくると本当に潔くて感心すらする。 新入生も入り、響も学年が上がるのだけど、その姿は…? ストーリーの持って行き方が上手かったですね。 あと、この巻のオビに映画告知が印刷されていて、響の存在が平手さんの孤独さとダブるようにも思えて、この人がやったら「リアル」だろうな、とは思った。 演技派女優の誰かが演じていくら上手くても、そこに「リアル」はもしかしたら感じなかったかもしれない。 …映画は観ていないのだけど(笑) ただ、オビの写真1枚だけでも、響を感じさせる空気感、雰囲気、存在感は流石だと思った。

約2年前