41k5brhor4l

現在のデザイン業界での成功者の多くは、ブランディングデザインを独自の手法で確立している。 佐藤可士和、水野学、永井一史らがその代表格である。 次の世代で、... 続き

コメント

読者

B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2B81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbdBa27d6df cb5f 4dbe 8163 86b863c689adAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141 4人

テクノロジー

ユーザーストーリーマッピング

ユーザーストーリーマッピング

7e68813f 9531 4777 af18 075b4b4f122b

juuuun_o

スタートアップ起業→大手IT企業…

名書です。タイトルから内容を推測しづらいですが、スクラム開発に取り組む全ての人が読むべき必読本だと思います。広範囲に及ぶ開発をリードする上で必要な術が網羅的に書かれているが、特に以下2点が大事。 ・成果を出すための優先順位付け ・チームの共通理解を築くこと 本書では優先順位と共通理解という単語が頻繁に出てきます。成果を出すために、過程を証明するために実行される最小タスク(MVP)思考で細分化し、優先順位付けの基準について触れています。 またプロダクト構築において、機能を作ることを目的にするのではなく、それによって得られる顧客/会社の利益についてチームの共通理解を築くまで会話を続けることが何よりリーンに勧めて行く上で重要と説いています。 作者のしゃべりに若干癖があり、ボリュームもそれになりにあるが、読んで損なし、オライリーの中でもマストバイで名書。

約4時間前

2a39216d 6f0d 48fa 87bf afdf0adad5a99f68bea2 f389 485d b42e 54ae996378f3Cf3ecaf6 9986 4e08 92fb 18b9fca828a9