Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51baxqjoiyl

若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう... 続き

コメント

「人の命」と「金」。生命保険という制度が、人間の狂気と組み合わさってできた地獄絵図がここに。

悪霊も幽霊も怖いと思うけど、生きてる人間が一番怖い。
保険の仕事をしているので、他人事ではなくて、怖い。

映画版もなかなか怖かったけど、小説の方も緊張感のある物語で面白かった!

生命保険のお金を不正に受け取るために そこまでやるかと思うと お金の怖さを実感します

怒鳴るでもなく暴力を振るうでもなく 毎日淡々と いつお金が下りるかを確認に来る圧力は ジワジワと効いてきて それだけで人を殺せるんじゃないかと思います

これは怖いです。
さすがホラー大賞を獲っただけあります。
ミザリーを思い出しました(^_^;)

しっかりと取材してるなって感じる緻密さがあって、だから引き込まれたよ。主人公の軽率さにはイライラしたが、これも作者の思うツボか(笑)

この本は凄い!
最後のシーンは読みながら、つい顔がひきつり過ぎて電車内でドン引きされました。

すごく久しぶりのホラー。終盤の怖さ、止められなかった。この本も面白かったー!

気持ち悪いし怖い。けど引き込まれて一気に読んでしまう。

まさに人間の、狂気。

発刊されてすぐ読んだと思う。すごく昔に読んだだけなのに、人間の狂気を肌で感じたのか、「怖かった」という記憶がなくならない。でもまた読みたいと思ってしまうんですよ、面白いから。

読者

2e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4092cbdb9 5d32 448d b9e6 9296d2afb7f9F2e26300 aec9 48e2 bd59 0e447b072a07B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53daB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baA1f2689f 2272 4c60 9d20 2bacb1ab849f1bc84d78 c72e 4a7a bc65 ef854603075b3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378 39人

貴志祐介の本

極悪鳥になる夢を見る

極悪鳥になる夢を見る

7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4

オダギリ

学も教養も知恵もどうしようもない…

黒い家、青い炎、クリムゾンの迷宮、、、と読んで行く内に「この人の書いた本なら外れはない!」と決めつけこのエッセイ集も買っちゃいました笑 知性によってユーモアって成り立つんだなあと改めて思いました。

5か月前