51edko3wjal

【社会科学/社会】ヘテロ、ゲイ、レズビアン、女装者が共存する「性なる街」の歴史地理。新宿が御苑周辺から西に拡大しながら、さまざまな性が共存する盛り場になっ... 続き

コメント

極めて詳細な考証によって、平成の終わりの新宿から全く消滅した街を、かろうじて残る資料と痕跡で辿る。現在の新宿の「オモテとウラ」がひっくり返る驚き。こと都庁移転以来、新宿には「売春はあってはならない」が、「ないもの」であるかのようになり、関わる女性も「いないもの」のように扱われる。そういえば、タイムズスクエアやフラッグスができるまで、「あの辺」も郊外の子どもたちが近づくようなところじゃなかった(当時から漠とした概念だった青線の考証は、本書の読みどころの一つ)。キレイになって、良かったとも思う。けれども、いた人は、たしかにいた。こんな貴重な仕事は、いつか全て分かるようになったら我が子にも、読ませてやりたい。

読者

C35364c2 2523 4b65 89f5 abbe391be3351cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d

三橋順子の本