51sruakw%2bhl

その庭は、荒れほうだいの庭だった。その庭が、心をこめて手入れをされると…遠くから、不思議に清々しい風がわたってきた。それは、幸子の心の中にも、さわやかに吹... 続き

コメント

何となく学校に行けなくなった幸子は、植木職人の手により丁寧に且つ劇的に再生されてゆく庭に、活力と希望を得る話。

何気ない時間が、とても貴重で特別なものに感じられるお得でステキな本。

読者

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9

新刊

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

1df3d0a7 1e61 4971 9dcd 77c4338b5095

りんのすけ

Kindleデビューしたので、読…

後半はだけでも読む価値あり。 この本で言いたいことはただひとつ、「生きのびる」ことだと感じた。 前半は発達障害、後半はうつについてが中心だが、どちらも一貫してるのは「誤魔化しでもいいから、とにかく今を乗り切る」こと。 ちゃんとした生活とか、すごいライフハックとかは二の次でいい。その「普通」が出来なくて苦しんでいるんだから、とにかく「普通っぽい状態」に出来ればOK。「なんで出来ないんだ…」と悩むのは置いといて、とにかく『今』出来ることだけに取り込んでいこう。という内容が、わかりやすく綴られていた。 重たい内容なはずなのに、文体がとても軽妙で読みやすく受け入れやすい。正直、Twitterで有名な人だから文章も軽く巫山戯たりするのかな?と先入観をもって読み始めたが、そんなことはなかった。 茶番だらけの部族社会に嫌気がさした時は、「外こもり」して回復し、なんとか生きていこう。

約12時間前