51sruakw%2bhl

その庭は、荒れほうだいの庭だった。その庭が、心をこめて手入れをされると…遠くから、不思議に清々しい風がわたってきた。それは、幸子の心の中にも、さわやかに吹... 続き

コメント

何となく学校に行けなくなった幸子は、植木職人の手により丁寧に且つ劇的に再生されてゆく庭に、活力と希望を得る話。

何気ない時間が、とても貴重で特別なものに感じられるお得でステキな本。

読者

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9

新刊

人魚の眠る家

人魚の眠る家

Ff9eaf87 0c27 4ea8 bd17 a864631b9ebd

たっきー@JUMP

xoxo...

圭吾さんの「変化」を思い出した。変化は脳移植で自分が自分でなくなった。自分は死んだも同じって主人公は悩んでたと思う。人の死は心臓が止まったら?脳の機能が停止したら? 前病院に勤めてたときにALSの患者さんは人工呼吸器をつけるか、つけないか、初期のうちに確認していた。本人の意志が優先されてた。 うちの子は年長だけど、そんな難しい話は本人は分からない。でも、いざ脳死になったら親としてドナーを選ぶと思う。 最後お父さんが「心臓が止まった時が死んだ時」って言って医師が「じゃあまだどこかで生きてる」って言った言葉が刺さった。

約8時間前

33df5407 af27 4b67 a86a 9a8e0f1061fb8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf316Icon user placeholder 86
天皇のお言葉

天皇のお言葉

Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66

Daisuke Watanabe

積読派

お言葉の背景がきちんと説明されているので どんな思いでの発言か想像しやすく 辞書的にお言葉を集めた本とは別物 政治的な思想が盛り込まれてない フラットな立場で書いてあるのも良い たくさんの人に読んでほしい

約21時間前