Btn appstore Btn googleplay
9784575241891

結婚を約束していた、旅行会社勤務の悠太と女子大生の雪美。だが、ツアーの下見に向かった海上で悠太は遭難し、記憶を失ってしまう。漂流してたどり着いた孤島では、... 続き

コメント

記憶を失う前に愛してた人と記憶を失ってから愛した人
記憶が戻った時に思い出した気持ちがあっても 今の気持ちが消えるわけではない
どちらかを選ぶか どちらも選ばないか 選択肢は2つ
時に優しさは残酷なものとなる

読者

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

新堂冬樹の本

摂氏零度の少女

摂氏零度の少女

C4a657a0 bff6 4229 baa3 e967044a4171

写真やイラストが使われた本が好き…

実際に起きた事件を元に書いた作品だが、リアリティが無い。 主人公にも少しも共感が持てず。正直期待外れな作品だった。

7か月前

神を喰らう者たち

神を喰らう者たち

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

読むの遅いのが玉に瑕 (2016…

「悪の華」完結編 マフィオソ(マフィア)が蔓延るシチリア 人殺しや事件が起こってもマフィオソ絡みだと動かない警察や政府 カポ(首領)であるマイケルに仇を打とうと集まった人達が復讐しようと奮闘 毎度の黒新堂 脳漿だのなんだのとよく作品に出てくる言葉を用いて壮絶さを表現している 黒新堂イコール脳漿っていうイメージが自分の中に定着しちゃってるほどだ

約2年前

銀行籠城

銀行籠城

Icon user placeholder

夏風邪ポーラ

本を読みます

主人公の一人である五十嵐はなかなか魅力的だし、バイオレンス描写は割と壮絶で心惹かれたが、五十嵐の過去のパンチが弱くて(そこそこ壮絶な過去だが語られ方がサラっとしすぎている気がする)前半の壮絶さとのバランスが悪く感じた。娯楽小説としてはちょっと時代を感じる印象がある。あと五十嵐のモノローグ(地の文における心情描写)には高校生が考える「俺が考えためちゃすごい犯罪者」みたいな臭みは正直ある。 しかし倫理や道徳に対する思考実験みたいな意味ではかなり心動かされたし、夢中になって一日で読んでしまったのでつまらなくはなかったのだと思う。再読したいとは正直思わないが面白かった。 銀行内の役職事情や警察の内部事情などはよく取材されていてためになった(今も通用するのかはわからないが)。

約2年前