511nnpy0all

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条... 続き

コメント

なぜこんなに面白いのかわからないまま読み終えてしまう、摩訶不思議な文学。平易な言葉を使い、子供の目を通した素直な視点から描かれているので、すんなりと小説世界に入っていける。にもかかわらず、彼らの見ている世界の様相と言ったら、一度では反芻できないほどに強烈だ。ためらうことなく次作に手を伸ばしてしまう

戦争の為に疎開した双子。始まった祖母との共同生活の中で、突きつけられる現実。

極限の中で強かに生きる双子の日記(この本)からは、話にも出てくるように感情が一切記されておらず、事実や真実だけが記されている。

心理的な説明がないのにも関わらず、こんなに惹きつけられたのは初めてでした。

すいすい読める。双子のやる事は、決して褒められた事ではないけれど、なぜだか痛快。

寓話的に淡々と語られる、破壊的な混乱期の生活。戦争や内乱で何より切実な問題は、明日まで命が繋げるかという生活の問題だ。どんなに異常であれ、そこで生きるために生きる双子たちの目線は誰よりフラットだ。

読んでいる間、何度も「実はこうかも?」と考えを巡らしながら読んでいますが、衝撃的なラストシーンで「え?」となります。そして何度も何度も読み返し、それでも晴れない疑いを持って自作へと進みました。

子供の目線から見た戦争。
道徳的には許されなくても生き延びるためにはやるしかない!
生まれた時から一緒に過ごしてきた二人だからこそ、力強く乗り越えられるのだろう。
全三部作を一気に読み終えた。

大学生の時に読みました。
読み終わったあと、現実に戻ってくるのに、時間がかかるくらい衝撃的でした。何が、善で、何が、悪なのか…。戦争という中ではその境界線はアイマイに感じます。2人は「悪童」なのか。。
サクサク読みやすいけど内容はとても深くていろいろ考えさせられます。

Read it at high school and it stunned me a lot.
During the war, everything include human beings just twisted and those we thought bizarre could become normal for people living at that time.
Killing their parents seemed so simple to the twins,and that's the most impressive part of the whole story.

世評の高い作品でいずれは一度読んでみたいと思っていた。
舞台設定はナチスがヨーロッパを席巻している時代のハンガリー。主人公は首都から田舎の祖母の家に疎開してきた双子の兄弟。この祖母というのが吝嗇で意地が悪く夫殺し疑いまで持たれていて村人からは魔女と恐れられており…という設定。
最初はそのような過酷な環境でも知恵と勇気で逞しく生き抜いていく兄弟のお話なのかな、と思わせられるのだが中盤からじょじょにダークで非情な要素が見え隠れしてきて…かなりタフな終盤を迎える展開。
世間の評価が高いのも頷ける面白さだったが自分の予想していた内容とはかなり違っていた。三部作ということでこれは全て読んでしまわないといけない事になった…。

高校生の頃1巻読んだらめちゃくちゃ面白くて満足してたんだけど、十年後に続刊2冊読んだら1巻がひっくり返ってしまうような内容でびっくりした。面白いのよ。

双子の兄弟である「僕ら」が語り部の戦時中のお話。「僕ら」の精神的強靭さは良くも悪くも目を離せません。恐ろしいことを淡々とやってしまうのには驚きを隠せない

2017.08.06
戦争という悲惨な状況の中、感情を殺し、淡々と飄々と生き抜いて行く双子の少年たち。淡々と簡単な言葉で綴られるのが印象的

何故かついつい読み進めてしまう!
大晦日に読む本としては、かなりヘビー過ぎたかな…。

辛いのに実は三部作の中では一番前向きな作品。
大好き。

戦争の時代に生まれた双子。最強の二人は、とても強く残酷で優しい。これほどに強い結びつきの二人の別離。第2部へ。

想像できないようなことの連続です。あっという間に読めてしまいました。

驚くべきリーダビリティ。
そしてもっと驚いたのは、出来事と状況の描写だけで人物の性格や心情を表現できてしまうということ。
でも考えてみれば、相手を理解するというのは、その人の発言を聞き、行動を目撃し、表情や息づかいを読むなどといったことの積み重ねから得られるものなわけで、それを小説でやっているのがこの『悪童日記』なのかも。
作者が、母語のハンガリー語ではなく大人になってから学んだフランス語で直接書いたというのも、作品に大きな効果を与えているんじゃないかと勝手に想像している。

読者

Bf1e1472 c4ff 4b24 a9d2 585f29fe1dc229336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e4639b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1135cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder238c763a 97ee 49b1 b3ac c6523e39c91c 72人

アゴタ・クリストフの本

悪童日記

悪童日記

7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4

オダギリ

学も教養も知恵もどうしようもない…

主人公たちのタフさや狂気が凄まじいエネルギーとなって襲ってくる。ページをめくる手が止まらない。続編があるらしいが正直これだけで完成されてると思う。

約2年前

文盲 アゴタ・クリストフ自伝

文盲 アゴタ・クリストフ自伝

F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124

nishitanabe1987

ほんがすき

私が悲しいのは、それはむしろ今のこの完璧すぎる安全のせいである。仕事と工場と買い物と洗濯と食事以外には何ひとつ、すべきことも、考えるべきこともないからだ、ただただ日曜日を待って、その日ゆっくりと眠り、いつもより少し長く故国の夢を見ること以外に何ひとつ、待ち望むことがないからだと。(73)

約3年前

7e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e32c5d8c6 3afc 4495 a930 f1f622a959d0F3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86