Btn appstore Btn googleplay
9784562057047

レーニン、スターリン、ムッソリーニ、ヒトラー、毛沢東……20世紀の悪名高き独裁者たちは何を読み、何を執筆したのか。その膨大な著作のすべてに目を通した著者が... 続き

コメント

上 に同じ

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

ダニエル・カルダー/黒木 章人の本

独裁者はこんな本を書いていた 上

独裁者はこんな本を書いていた 上

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

タイトルから面白半分で手にとって見たのだけどこれがかなり興味深い内容。作者はスコットランド出身のジャーナリストでモスクワに十年暮らして旧ソ連の国々を旅して過ごしたという経歴の持ち主。その旅の過程で思い立った内容らしく「人類史上最悪の本」の数々を実際に読んで解説している。構成も面白く第一部が大物たち(レーニン、スターリン、ムッソリーニ、ヒトラー、毛沢東)の作品が、第二部が小物たち(サラザール、フランコ、チョイバルサン、ゴットワルト、チトー、ケマル、ナセル、カダフィ、金日成、ホッジャ、ブレジネフ、ホメイニ等)の、そして第三部が最近の(金正日、カストロ、フセイン、旧ソ連の関係者たち)という構成。よくもまあこんなにろくでもない内容の本ばかり読めたものだと感心。フランコとフセインが小説まで書いているのには驚かされたしイラクの独裁者は後年政治そっちのけで執筆に夢中だったというのも意外。スターリンが元神学生で並外れた読書家というのは知っていたがファシズムの創始者であるムッソリーニもかなりのインテリだったというのは知らなかった。もしかしたらかなり興味深い人物なのかもしれないな、とか、27で政権をとってしまって更にその地面から石油が出てしまったリビアの独裁者は恥をかくために出したとしか思えない稚拙な著書を出していてある意味でかわいそうだったんだな…とか、取り上げられている独裁者たちがバラエティに富んでいるので感想もとっちらかってしまうけれども全体通してかなり面白く読めたのは事実。「20世紀独裁者文学の父レーニン」とか「究極のおしゃべり野郎カストロ」とか「ポストモダンな独裁者金正日」とか翻訳の腕なのか表現も面白く登場している連中の所業にも関わらず愉しくも読めました。

1年前