9784101201931

発行元から

二匹のアマガエルがたどり着いた夢の楽園は悲劇的な末路を迎えたはずだったが、悪夢の翌朝、二匹はなぜか再び平和な地にいた。今度の世界では、ウシガエルの国で「新しい病気」が流行っていたが、楽園のカエルたちは根拠なき楽観視を続ける。しかし、やがて楽園でも病気が広がり始め……。国難を前に迷走する政治やメディアの愚かさを浮き彫りにし、三通りの結末を提示する、警告と希望の書。

百田尚樹の本

野良犬の値段

野良犬の値段

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

「罪の声」を読んだとき、こんな事件は現代では成り立たないと感じましたが、フィクションでは可能でした。 防臭剤で悪臭を誤魔化すような人間たちがリレーしてハチ公前に生首を置いても、「誰も気づかなかった」とだけ書けばいいのですから。防犯カメラも「死角になっていた」というのは、都合の良すぎる設定と感じました。 作品としては面白かったのですが、ちょっと力技でやりすぎた感があります。

3か月前

13
夏の騎士

夏の騎士

1c84c20d 2e93 4d8c a04d c27eed1b909a

Tetsu

会社員

甘酸っぱい青春 一夏の冒険物語 キュンとなって、スカッとする

5か月前

夏の騎士

夏の騎士

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2021/08/06 読了 予定調和物語。少年の物語がワクワクしながら読めるのは何故だろう。同じような体験をしているからか?  ボクのレディーは今どこでどうしているのだろう(^.^)

6か月前

29