9784101297743

発行元から

ろくに高校に行かず、かといって夢中になれるものもなく日々をやり過ごしていた大田のもとに、ある日先輩から一本の電話が入った。聞けば一ヵ月ほど、一歳の娘鈴香の子守をしてくれないかという。断り切れず引き受けたが、泣き止まない、ごはんを食べない、小さな鈴香に振り回される金髪少年はやがて──。きっと忘れないよ、ありがとう。二度と戻らぬ記憶に温かい涙あふれるひと夏の奮闘記。

瀬尾まいこの本

その扉をたたく音

その扉をたたく音

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

そのときが来ないと響かない音がある。 演奏は自分のためだけじゃないって ようやくわかった気がした。

約1か月前

Re-born はじまりの一歩

Re-born はじまりの一歩

Picture

にっしー

読書は心の栄養補給。

新しく何かを始めようとする人の背中をそっと押してくれるような、温かく優しさに溢れた小説がいっぱい詰まっています。 特に福田栄一先生の書かれた「あの日の20メートル」が好きです。何かを始めるのに遅すぎることはない。そして、一生懸命な生き方は人生を輝かせ、人の心をも打つ。本当に素晴らしいと思いました。

9か月前