41wmfzcr0cl

薄紫の香腺液の結晶を、澄んだ水に落とす。甘酸っぱく、すがすがしい香りがひろがり、それを一口ふくむと、口の中で冷たい玉がはじけるような…。アルコールにとりつ... 続き

コメント

“「教養」のない人間には酒を飲むことくらいしか残されていない。「教養」とは学歴のことではなく、「一人で時間をつぶせる技術」のことでもある”
“(身長が)1センチのびていくごとにものが見えだして、風景のほんとの意味がわかってくるんだ。そうだろ?”
自伝かアルコールの教科書か、はたまた死を見つめる物語なのか…?

中島らもによるアル中小説。
つまり半自伝小説。

アル中、ドラッグ、心理学のウンチク満載。
雑学こんだけブチこんで、なんでこんなに面白いのか。
間違いなくダメ人間小説なのに、爽やかな読後感。
オススメです。

らもさんの、自伝的要素を含んだ小説。
アルコール中毒の主人公のリアルさがらもさんだけに半端ない

アルコール依存には救いがない。
家族がゆっくりと死んでいくのを見た。
それは、生きる術をまるで持たない幼児のようなものです。
黄色い目と膨れた腹で、彼女は何度も『もう飲まない』と繰り返しておりました。
さよならを言う間も無く、あの子はある日突然いなくなってしまったな

守りたいのは形のない、他人に言ってもわからないものばかりなのだ。

アル中の話を読んでお酒飲みたくなる不思議。ただこういう面白い本が手元にあれば「道具」としての酒なんて必要なさそう。

この作品はきっとこの人にしか書けない話だと思わされた。そして、そういうものを良本と言うのではないか。私の知らない世界が本の中にはあって、今いる範囲から飛び出したくなる勇気をもらった。アル中には絶対なりたくないけど笑。

おそらくほぼ自伝。
吾妻ひでおのアル中病棟思い出しました。

中島らもの半自伝的小説。
とにかくアルコールを含んでから読もう。
時に恐ろしく何故か爽やかで、現実的であるにも関わらずどこかこの世では無い世界のようだ。

タイトルに惹かれ買ったら、中身は今にも臭ってきそうな程の重度のアルコール依存症患者のお話。

本当ダメ人間って思ってしまったけど、目が離せず憎めない。
少し共感してしまう部分もあり、人間臭さが生々しいのに、キレは良い!

ウィスキー飲みたくなる〜

自身もアルコール依存症の経験がある中島らもさんが、アルコール依存症患者の入院生活を描いた作品。
患者さんたちの弱さや駄目さが最高に人間臭くて、人間そんなもんだよな、しょうがないよなって思っちゃう。
知識を詰め込む系の作風かと思いきや、とても爽やかな終わり方だったのも嫌いじゃないです。

酒への愛憎。ヘビーな内容だがカラリとしたタッチが中島節。

読んでいて、何度唾を飲んだことか。

読者

Cbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a85446670823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feCb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a0D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0218650bc 089c 483e 92a2 20e17d1140dc1d813434 4499 4c3d 9919 d89a274d467a141c0978 c438 4536 85b8 352c66db0bb0 40人

中島らもの本

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

1年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder 10
らもチチわたしの半生 青春篇

らもチチわたしの半生 青春篇

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

音楽家のチチ松村さんと小説家の中島らもさんが自分の子ども時代から20代前半の青年代まで話し、相手の話を聴いてコメントする対談の本。らもさんが小さい頃初恋の子をウチでパンツをかぶって待っていたこと。チチさんがリボンの騎士のサファイアにはまり、学校の女の子が髪を切ったらサファイアにそっくりに見えてやられてしまった話。らもさんの高校時代、火薬の取扱に長けた男が高校の石垣を火薬で爆破してしまった(らしい。かなり危ないが僕は好きなエピソード)話など。緩い、切ない、どうしようもない話の数々と、お互いがお互いのことをいい具合に知っている感じがします。読んでいて心地よい対談の本。

1年前