Btn appstore Btn googleplay
9784582859423

東京メトロ・都営地下鉄をはじめ、全国の地下鉄の開業時から現在までを、設計・デザインを中心に振り返る。 遺跡の出土や私有地の買収などの今日までの苦難や、乗客... 続き

コメント

大江戸線がオイルショックで経費削減のために車両を短くしたり、本来予定してなかった駅を作ることになったとは知らなった

メトロの1ヶ月の電力料金、高低差を利用して節電、最大深度など興味深く読んだ。

東京メトロと都営地下鉄メインの鉄道ウンチク本。

地下鉄は地中を掘り進めなければならない分、通常の鉄道よりはるかに設置の技術難度が高くなる。

川の地下を掘る際に、川底の層を冷凍固定して開削した話とか凄いと思った。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854aIcon user placeholderEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e908634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750Picture 7人

渡部史絵の本

譲渡された鉄道車両

譲渡された鉄道車両

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義(コロナだろうと…

まさかこんなに「いいね!」を貰うとは思わなかったので、レビューを急いで書く。 なかなか世に出ない中古鉄道の本。新車を出し続けている鉄道会社の一方で、資金的に中古でないと厳しい鉄道会社もある。当然製造先で廃車もあるが、あげちゃう車両もいる。その紹介本だ。 ところで最近思うのは、集電やら電圧やら線路幅の改造などで譲渡には課題が多いが、今後は回生ブレーキをどうするか?が、譲渡先の鉄道会社に求められる。省エネと言われてエコなブレーキ装置だが、各鉄道会社の変電所に電気を返すところまでの設備はそう持っていない。変電所を敢えて作り直す、設備が現状のままでも使えるか、使わず捨ててしまうか……。出版時点で更に譲渡車両は増えている。目が離せない。

6年前