Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
514hnrnfgsl

ニューヨーク近代美術館の学芸員ティム・ブラウンは、スイスの大邸宅でありえない絵を目にしていた。MoMAが所蔵する、素朴派の巨匠アンリ・ルソーの大作『夢』。... 続き

コメント

美術をモチーフにした壮大な極上のミステリーとも読めるが、
各々が抱くこの上ない一途な片想いの物語だと強く感じた。
一枚の絵に魅せられた人々が織り成す片想いの結晶、それはまるで見る時々によって姿を変える楽園のカンヴァスに描かれた絵画のよう。

最高に楽しかった。途中、作品を見たくなりネットで調べながら読み進めて行くが、後半は一気に引き込まれた。

感動した。続きを読みたいが終わらないで欲しいという気持ちも出てくる。

原田マハ。学芸員の仕事をしてから文筆業になり作家になったという経歴が気になったので読んでみた。

ルソーの作品の真贋判定を中心に「あのころのパリ」と時代を行き来しながら話が進んでいく。

単純に読後感はすごく気持ち良く、散りばめられた伏線を回収し、前向きな気持ちでラストを迎えられる。それに、作品内世界の居心地も良いし、登場人物は可不足なく描かれている。

ただ個人的には物語の展開とか人物に隠された秘密はありがちというか、どこかで見かけたことのあるような展開を組み合わせているような印象を受けた。それはルソーについてもそうで、なんかどこかで聞いたことのあるような造形で、、、でも別に唯一無二の物語を描く必要は無いのかも、とも思う。

多くの人に受け入れられる物語(や展開、人物造形)というのは、それほど多くもないし、決まりきったものを組み合わせただけのものなのかもしれない。

ルソー好きだから読んだ。もっと好きになった。ルソー展またやってほしい。

芸術や歴史をあなどるなかれ。人が何かを学ぶには2つだけ。経験、もしくは先人から。

最近読んだ本から。
世評の高い作者だけどきっかけ無かったからか何故か読んだことがなくて…ということで手にとってみました。いい話を読んだな、というのが率直な感想。
アンリ・ルソーの未発表作品の真贋鑑定を依頼された訳ありの二人自身の物語と彼らが読まされる画家その人の物語の二軸での構成が見事。ラストもすっきりで人気あるのも納得。他の作品も読んでみたいと思った。
作中でてくる絵画をいちいち画像で確認できるのでgoogleがあって良かったな、と改めて思った。

久し振りにここまで引き込まれる小説に出会った。

この作品に出会えたことに感謝、作者のこの創造力を得るための知識や経験はこれ如何程か

読み出しからゾクゾクしまくり、一文一文丁寧に読み進めたい、けど早く先が知りたい、それに比例して、まだ終わってしまわないでくれ、と心の中で静謐なせめぎ合いが起こる。

絵画にも色んな思いが込められていることに、改めて気付かせてくれるミステリー。

再読。
この作家さんの作品をもっと読んでみたいと思うことが多々あるけど、名店で飲む一杯のカクテルのように、あまりに出来すぎていてなかなか手が伸びない。僕にとって原田マハという作家さんはたくさんいるそんな風に感じる作家さんの一人です。

あの時、君と過ごしたその一瞬一瞬の繰り返しが、最後に見たその滴が僕の全てになった。
本気の恋をした人だけが得ることのできる陶酔。
時間に対する価値観は人それぞれだと思うけど、苦しくて、悩ましくて、それでいて幸せを感じることの出来る恋をしている時間こそ、時給換算することの出来ない最高に価値のある時間だと思う。
その情熱に溢れた時間を、生きたままカンヴァスに描くことで、永遠にすることが出来たルソーという芸術家の生きざまとその中で産み落とされた作品群は、時間の価値を見直すことを求められている今を生きる僕たちの心の中に、現代社会への?マークを浮かび上がらせることだろう。
恋と芸術と謎、そして、夢。
停滞した現代社会に一石を投じる破壊者が持つべきエッセンスが封じ込められた一冊でした。

読者

F31dc9b8 954e 4d4f 8612 66fea9482b2b8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269F87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730Icon user placeholderA6a2d5c1 9b0c 4ba5 896f e1882156a1a496b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275b35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4 47人

原田マハの本

リーチ先生

リーチ先生

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

この小説には、柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司、河井寛次郎、高村光雲、高村光太郎など実在する名だたる芸術家たちが次々と登場する中で、主人公の亀乃助のみ実在する人物ではなく、架空の人物だった。そして、その存在こそが民藝運動の本質の部分であり、亀乃助を通して民藝とはどういったものなのかを表現しているように感じた。 生活日常品て目を向けられなかったことにも美しいものは存在していて、同じようにきっと名だたる芸術家の横には亀乃助のような名を知られることなく消えていく優秀な人々が存在し、それは芸術という分野だけではなく、普段の生活においてもそのようなことに溢れているのではないかと思う。生きていく上で、見落としてはいけないとても大切なことを教えられた気がする。

2日前

805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681Icon user placeholderE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6 24
奇跡の人 The Miracle Worker

奇跡の人 The Miracle Worker

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

三重苦の少女と教師の物語はヘレン・ケラーとアン・サリバンをモデルにしているのだけれど、舞台を日本にし、作者の丁寧な感情表現によって、オリジナルの素晴らしい力強い物語になっている。泣きながら読んだ。

2日前

6ec85a3e 6f75 4c25 8ef3 fc2e29aa0261Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849
まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫)

まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫)

B8918db7 2c79 4ec8 b725 dc6dcb93698d

Inatactac

東京駅の丸善がホーム

母の愛は無償の愛である。 これに尽きるだろう。 職場の母、第2の故郷の母、心の母、聖母、実の母。 1人の若者の素直で複雑な心の動きを通して、色々な無償の愛に触れる。 ただ、常に自分に向いているのは、実の母の愛である、そう感じた。 常に自分がどこか正しいと信じてくれる。 誰が自分を責めても信じてくれる。 時に裏切っても信じてくれる。 実家に帰るかな、とりあえず。 飯でも食ってやるか。

3日前

あなたは、誰かの大切な人

あなたは、誰かの大切な人

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ

週に1冊、年間で50冊くらいは読…

孤独を伴いながらも、私たちは一人で生きているわけではないのだ、と。一編ごとにそれぞれ秀逸!沁み入る感じは作者ならでは。好きなんですよね。

4か月前

Cb34b2b3 79d5 4a61 8dbd e287339ddabfB5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af8490cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18 35