Btn appstore Btn googleplay
9784120052798

ワインバーを営んでいた母が、突然の事故死。落ち着く間もなく、店を引き継ぐかどうか、前原葵は選択を迫られる。同棲しているのに会話がない恋人の港、母の店の常連... 続き

コメント

最初からおかしい男ばっかりで眉間に皺を寄せながら読んだ。主人公に味方がいるのが救い。

読者

D7972471 005f 44c5 8df1 10e86ad1c74fB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

島本理生の本

ファーストラヴ

ファーストラヴ

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

20210304 由紀が迦葉に出会ったときに抱いた「痛烈な親しみ」という感情。 それが、この物語が進んでいくキーワド

7か月前

26
Red

Red

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

2020.6.26

約1年前

35
ファーストラヴ

ファーストラヴ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

家族の中の常識でがんじがらめになってしまう子供。誰にも知られることがなく、病んだ大人になってしまう。 出逢わなければならない相手に、出会えなかった子供。 事件に絡めて真壁先生の人生が語られて、読者を引っ張っていると思う。 出会えた人と出会えなかった人の対比が虚しかった。 事件を多方面から問題定義しています。 以外に読後感はスッキリです。

2年前

114