Btn appstore Btn googleplay
9784065220306

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現... 続き

コメント

だれも人の不幸を望んでる人はいなくて、混乱していく状況をだれもが正したいと思っている。
世界を動かす武器を持つ人は、いつでも、世界を救うために、何かを犠牲にしなければならない選択をさせられる。なにを選択しても、誰かが犠牲になる。その決断を、どれだけつらい思いだったのかを、想像しないから憎しみは大きくなる。その思いを想像できないままでは、いつまでも世界が得るものはないのだろうなあ

「未知の世界は、そんなにいいものじゃなかった」と考えることは私は生きてて強く思う。完璧ではない組織、思いやりを持てずに騒ぐ大人、何も変わらない自分。
憎しみと悲しみがあふれる中で「僕らが知らない壁の向こう側があるはず」と、思える事、信じて、願うことが大事なんだと、どの世界でも、どんな世界でも、人が人を想う心を、尊ぶ心を、諦めてはならないということを、感じました

読者

PictureDaa7d733 264d 4c61 b30e de24465365f4

諫山創の本

進撃の巨人(32)

進撃の巨人(32)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

敵と手を組み、仲間だった者を手にかける。 希望って、なんなのだろう。 人によって違う。 そして、その希望は血で手を汚さなければ手に入れられない…、いや、手に入れるべきでは無い…、そんな風に感じた。 あの名台詞。 「この世から一匹残らず駆逐してやる」 ラストにこの視点から放たれるとは…。 ストーリー展開の仕方が上手いな、うん。

22日前

進撃の巨人(31)

進撃の巨人(31)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

エレンという絶対的な存在がいなくなって、それでも奮闘する調査兵団の面々が変わらず逞しくて安心する。 昨日の敵は今日の友、…みたいな、これからそんな展開になりそうで楽しみ。 あと、復活キャラの活躍を早く見たいな。

22日前

進撃の巨人(30)

進撃の巨人(30)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

震えた。 なんじゃ、これは。 回収される伏線、衝撃の事実、有利不利の逆転。 あぁ、エレンとはこういう人間だったのだな、と30巻にして初めて気づけた気がした。 あと、ガビは成長した。 成長して、尚その選択をするシーンはヤバい。 ミカサのような芯の強さを感じた。 ここにきて、更に読み返したい気分になった。 あの時、あの人の表情はどうだった? 本当の意味でどうだった? 人間とは…一体なんなんだろう。

22日前

進撃の巨人(29)

進撃の巨人(29)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

ジークの復活劇。 …巨人って本当謎すぎる。 ジークとエレンの目的。 だけどきっと、そこに至るまでの経緯は各々内に秘めた考えがあるように思う。 二人とも嘘つきだ。…さすが兄弟。 エレンVSライナーの因縁の対決は燃えるものがありますよね! それと、ガビが外の世界を知って、偏見の目の間違いに気づくシーンが印象的でした。 教育って、大事だな。 それも、「正しい教育」が、ね…。 あっ、リヴァイ兵長とハンジさんの行方も気になります‼︎‼︎

1年前

B0f9ea06 54a7 4d2a 89d6 34058285639dF3fb9d54 e8fd 4202 9f24 9d77cb6f41b0