Btn appstore Btn googleplay
9784866971414

「これが、一番誰も傷つかない選択」かつての婚約者の死と向き合う決意をして、小説の執筆を再開した加賀屋。一方、鹿子は望月との交際で前に進もうとするが、鶴賀と... 続き

コメント

先生を忘れて前を向こうと望月と付き合い出した月白だけど 想いの差がどうしても出てしまう
そんな時に加賀屋先生と鶴賀先生の親子関係が週刊誌に載ってしまいマスコミが騒ぐ事態に
ほっとけない月白を諦めることにした望月
結局いい人になってしまう望月
仕方ないことだけど

読者

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

中野まや花の本

文学処女11

文学処女11

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

読むの遅いのが玉に瑕 (2016…

加賀屋先生が過去を乗り越えるのにやっぱり鹿子の存在は必要だった 過去は忘れなくていい 過去は乗り越えればいい 加賀屋先生の想いを受け取った鹿子は目標を達成するまで加賀屋先生に待ってもらうことに 今までの時間を考えれば 未来がハッピーなら待つのもまた育む時間

3か月前

文学処女10

文学処女10

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

読むの遅いのが玉に瑕 (2016…

加賀屋先生に亡くなった彼女のノートを渡すために新幹線へと急ぐ鹿子 たくさんの人の助けを借りて先生と再会 一緒に新幹線に乗ってしまった鹿子は先生について行くことに 亡くなった彼女と鹿子の関係を知った先生 鹿子のおかげで前を向いて歩き出せる先生 やっと2人の気持ちが重なった時に言った鹿子の言葉 鹿子らしいし 今までの2人が過ごした時間を考えれば今更焦ることもないし 未来を待つのもまた成長するための必要な時間なのかも

6か月前

文学処女8

文学処女8

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

読むの遅いのが玉に瑕 (2016…

自分が加賀屋先生のそばにいたら 先生はずっと過去を思い出すことになって自分では苦しめてしまうとさよならを告げた月白 傷ついているときに限って望月と会い慰めてもらうことになる 仕事に逃げてる月白をデートに連れ出す望月 先生を忘れてなくてもいいからと付き合いだした2人 だけど甘々な望月に戸惑うのは 月白が望月のことをちゃんと好きになってないから やっぱり先生への未練を断ち切ってないうちから付き合うのは間違っている 気持ちの整理がついてから付き合ってもいいんじゃないか 望月みたいな彼氏いいと思うんだけど

約1年前

文学処女(7)

文学処女(7)

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

読むの遅いのが玉に瑕 (2016…

加賀屋先生が囚われている過去からは誰も救えないのか 先生と最後のデートをする月白 夜の図書館から見る花火 有明さんも加賀屋先生から離れて別の男性の元へ 長い年月そばにいても救い出せないなら いつかは虚しさに気付き誰もが離れていってしまうのでは

約1年前